アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 桂文枝、15年ぶりTBSドラマ出演 IT企業社長役に起用

桂文枝、15年ぶりTBSドラマ出演 IT企業社長役に起用

上方落語協会会長でもある落語家の桂文枝が4月16日スタートのTBS連続ドラマ『小さな巨人』(毎週日曜 後9:00)で2002年6月の『水戸黄門』以来15年ぶりとなる同局ドラマ出演を果たす。日本経済界のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正として物語の鍵を握る人物を演じる。

 同ドラマは警視庁の精鋭集団である捜査一課の有能な刑事だった香坂真一郎(長谷川博己)があるミスをきっかけに左遷。出世街道から外されてやってきた所轄で、小さな事件でも不器用ながら己の正義を信じ事件に挑む同僚たちと出会う…というあらすじ。

 主人公・香坂が警視庁からやってきた所轄では、中田が誘拐される事件が発生する。香坂が懸命な捜査を進めるうち、事件の裏にある事実が明らかになっていく。また香坂が左遷させられるキッカケとなった人物である中小企業の社長・隆一は、中田の息子であり、この親子が物語の大きな鍵を握っている。
 
 「今回いただいた役は、日本を代表する大企業の社長役ということで大変戸惑っております。何せサラリーマンの経験すらないのですから」と役柄を模索しながら「ただ、日本を代表する企業家は、古くは松下幸之助さん、近年は孫正義さんにお会いしたことがあります。あの風格と品位はとても出せませんが、少しでも近づけられるよう頑張ります」と前向きにコメントしている。



オリコントピックス