アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『嫌われる勇気』を刑事ドラマに大胆アレンジ 主演は香里奈

『嫌われる勇気』を刑事ドラマに大胆アレンジ 主演は香里奈

 女優の香里奈が来年1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『嫌われる勇気』(毎週木曜 10:00)に主演することがわかった。心理学者のアルフレッド・アドラーによるシリーズ累計180万部超の大ベストセラー『嫌われる勇気』(ダイアモンド社)を原案に刑事ドラマとして大胆にアレンジ。香里奈は、嫌われる勇気を持った“アドラー女子”で主人公の庵堂蘭子(あんどう・らんこ/32)を演じ、共演にはNEWSの加藤シゲアキ、椎名桔平らが起用された。

【写真】その他の写真を見る


 『アドラー心理学』とは「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」という考えのもと、自分の課題と他者の課題を切り離す「課題の分離」によって対人関係の悩みから解き放たれることを説く。他者から嫌われることを恐れない「嫌われる勇気」を持ちえたとき、人は初めて自分だけの人生を歩みはじめることができる…。

 そんな『アドラー心理学』を地でいく蘭子は独身、彼氏なしの警視庁刑事部捜査一課8係の刑事。若干32歳にして、難事件を次々と解決に導いてきた実績を持つ。組織になじまない一匹狼タイプで、周囲の意見には耳を貸さず、常に自分が信じる道を行くが、その振る舞いと他人にこびない態度、そして圧倒的な検挙率の高さを自慢するでもないその余裕ぶった態度に、男性社会である警察組織では嫌われている…という役どころだ。

 加藤が演じるのは捜査一課で異動してきたばかりで蘭子とコンビを組むこととなる青山年雄(あおやま・としお/28)役。蘭子とは真逆に、他人にどう思われているかがすごく気になる“嫌われたくない男”である青山は自分勝手な動きが多く、何も説明してくれない蘭子に振り回され、彼女のことが心底嫌いに。

 そんな青山に、『アドラー心理学』の存在を教える変わり者の心理学科教授・大文字哲人(だいもんじ・てつと/52)を演じるのが椎名。青山は『アドラー心理学』になじみのない視聴者の目線を担って、蘭子と行動を共にすることで、『アドラー心理学』を学び、一歩ずつ成長していく影の主人公となる。

 実際に原案本を読んだという香里奈は「心理学というと難しい印象ですが、読んでいくにつれ、“本来、自分がこうだったらいいな、楽になるのにな”という理想的な考え方が述べられていたり、“あぁ、こういう考え方もあるのか”と新しい発見があったりして、少し気が楽になれました」と影響を受けた様子。

 同局連ドラ主演は『私が恋愛できない理由』(2011年10月クール)以来5年ぶりとなるが「話の内容、キャラクターは全く違いますが、私は変わらず、いつも通りいい緊張感を持って、スタッフ、キャストの皆様に力を貸していただきながらいい作品をみんなでつくっていきたいです」と意気込んでいる。



関連写真

  • 1月からスタートするフジテレビ系連続ドラマ『嫌われる勇気』に主演する香里奈
  • 1月からスタートするフジテレビ系連続ドラマ『嫌われる勇気』原案書影
  • 1月からスタートするフジテレビ系連続ドラマ『嫌われる勇気』に出演する椎名桔平

オリコントピックス