• ホーム
  • 映画
  • 福山雅治、ジョン・ウー監督作主演 『君よ憤怒の河を渉れ』再映画化

福山雅治、ジョン・ウー監督作主演 『君よ憤怒の河を渉れ』再映画化

 俳優で歌手の福山雅治(47)が、世界的名匠・ジョン・ウー監督(69)が手がける香港・中国合作映画『追捕 MANHUNT』(日本語タイトル未定)に出演することが16日、わかった。香港で開催中の『香港インターナショナル・フィルム&テレビマーケット(FILMART)』で発表された。同作は、西村寿行原作(徳間書店)『君よ憤怒の河を渉れ(きみよふんぬのかわをわたれ)』の再映画化で、中国の俳優チャン・ハンユーとW主演を務める。

 今回制作される『追捕 MANHUNT』は、中華圏映画のリーディングカンパニー「メディアアジア映画」が約2億元(日本円で約35億円)の制作費を投じる香港・中国合作のサスペンスアクション映画。『ミッション・インポッシブル 2』『レッドクリフ』などで知られる名匠がメガホンを取り、今夏オール日本ロケで、大阪と九州で撮影予定。シーンによって中国語、英語、日本語と3ヶ国のせりふが用意される。

 『君よ憤怒の河を渉れ』は、1976年に高倉さん主演で映画化(「ふんぬ」を「ふんど」と読み換え)。高倉さんが演じた杜丘(もりおか)検事役(今作では杜秋弁護士に設定変更予定)をハンユーが、原田芳雄さんが演じた矢村警部役を福山が演じる。

 発表会にはハンユーが出席し、ジョン・ウー監督と福山はスケジュールの都合でコメント出演。監督は「昔からずっと高倉健さんとお仕事をしたかった。高倉健さんが70年代においてアジアを風靡(ふうび)した作品を再映画化するチャンスをいただいて、躊躇(ちゅうちょ)なくすぐこの映画のオファーを受けた」と明かし、「この作品を通して、僕が表現したいロマンスを極めていきたいと思う」と意気込む。

 同監督から「ずっと僕の心の中で思い描いていた唯一の人選」と評された福山は「これだけ激しいアクションがある映画に出させていただくということは初めての経験ですし、それがジョン・ウー監督作品であり、しかも日本が舞台となっているということで、心からやりがいを感じております」と喜び、「圧倒的存在感のあるお芝居をされるチャン・ハンユーさんとご一緒できることも心から楽しみにしています。この映画が中国、日本、そしてアジア全体で楽しんでいただきながら、さらに、世界に発信できればうれしいですね」と期待を寄せた。

 本作の日本での配給会社や公開時期、日本語タイトル等は未定。

■ジョン・ウー監督コメント
メディアアジアからの映画『追捕MANHUNT』のメガホンを取ってほしいというオファーを受けたのは、僕にとってはただの新しい作品というだけではなく、特別な意味が含まれている。

昔からずっと高倉健さんとお仕事をしたかった。高倉健さんが70年代においてアジアを風靡した作品を再映画化するチャンスをいただいて、躊躇なくすぐこの映画のオファーを受けた。そして僕は『追捕 MANHUNT』の題材がとても好きだった。

男が名誉のためではなく、「人」の尊厳を守るという純粋な思いで、悪に対抗しながら、一人で真相を突き止めるという剛毅な男性のイメージはとても魅力的だった。僕の心の中で一番この役に近い人選は張涵予(チャン・ハンユー)さんだった。普段人や物事に接する態度、あるいは、スクリーンで演じていたイメージも僕のこの役への想像にぴったりだった。

もう一人とても大事な役がある。その役は杜秋の敵であり友である日本刑事だ。僕から見たこの人物は人情も義理も厚く、とても人間味のある役で、福山雅治さんはこの役の特質にとてもマッチしていて、ずっと僕の心の中で思い描いていた唯一の人選だったので、彼がこの役を演じていただけると聞いてとてもうれしかった。

女性の主役の真由美については少し内容を変えたが、原作の精神をそのまま保っている設定で、とても活発で、この映画に素晴らしい科学反応を起こしてくれることに違いない。

『追捕 MANHUNT』はオール日本撮影で、メインの舞台は大阪と九州になる。大阪という街の活気と九州の自然な風景を感じることだけではなく、この作品を通して、僕が表現したいロマンスを極めていきたいと思う。

※初出時「高倉健さん主演映画のリメイク」と報じましたが、現地から訂正があり修正いたしました。



関連写真

  • ジョン・ウー監督映画『追捕 MANHUNT』に出演が決まった福山雅治
  • W主演を務めるチャン・ハンユー
  • 名匠ジョン・ウー監督が1976年の高倉健さん主演映画をリメイク

オリコントピックス