アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 沢口靖子×草なぎ剛、ドラマ初共演 科捜研に宅間善人がやって来た!?

沢口靖子×草なぎ剛、ドラマ初共演 科捜研に宅間善人がやって来た!?

 SMAP草なぎ剛が、沢口靖子主演のテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜 後8:00)の第8話(来年1月14日放送)にゲスト出演することが24日、わかった。同局では、同日午後9時から草なぎが主演する連続ドラマ『スペシャリスト』がスタート予定。草なぎは連ドラで演じる刑事・宅間善人(たくま・よしと)役で“科捜研”を訪れ、沢口と初共演を果たす。

 『科捜研の女』は、沢口ふんする法医研究員・榊マリコのいる京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)のメンバーが、専門技術を駆使して事件の真相解明に挑む姿を描く、人気ミステリー。1999年にスタートして以来、現行の連続ドラマの中で最長の歴史を誇っている。

 一方、『スペシャリスト』は、冤罪で10年間服役していた異色の経歴を持つ京都府警特別捜査係の刑事・宅間の活躍を描いたシリーズで、『土曜ワイド劇場』特別企画として第4弾まで放送された。1月期から連ドラとして新たなスタートを切るにあたり、舞台は東京・警視庁に移される。

 この2つのドラマが、“京都府警”でつながっていたことから、作品の枠を超えてエールを送り合うべくコラボレーションが実現。長い歴史を誇る『科捜研の女』が、ほかの作品とコラボするのは今回が初、ジャニーズ事務所所属の俳優が出演するのも初となる。

 『科捜研の女』第8話では、京都市内の宝石店で強盗殺人事件が発生。解剖医・風丘早月(若村麻由美)の娘・亜矢(染野有来)の親友の父に共犯容疑がかかる中、科捜研に間違って届いた荷物にヒントを得たマリコが、真相に迫っていくというストーリー。ヒントを与えた荷物の送り主が宅間だった、という交わりを見せる。いったいなぜ宅間の荷物が科捜研に届いたのか!? その荷物に隠された、事件の謎を解くカギとは!? ミステリードラマファンが思わず膝を打つような展開が仕掛けられている。

 撮影は東映京都撮影所で行われ、草なぎが“科捜研”セットを初訪問。宅間が「科捜研に、すごい女性研究員がいるって聞いていました」と話しかけると、マリコが「これからも事件で協力できることがあったら何でも言ってくださいね」と応じるシーン。いつになく緊張した様子の草なぎがNGを出すこともあったが、徐々になじんで、去り際には“宅間らしい”小粋なアドリブ入れる余裕も見せていた。

 撮影後、沢口は「視聴者の皆さんをひきつけてくださいね! 『科捜研の女』もがんばります!」と草なぎを激励し、ガッチリ握手。大先輩からの言葉に感激した草なぎは「沢口さんも冬の京都での撮影は寒いですが、がんばってください!」とエールを交換。「今後もこのようなコラボレーションができたらいいですね!」とお互い笑顔で再会を約束していた。



関連写真

  • テレビ朝日系人気ドラマ『科捜研の女』に宅間善人がやって来る。沢口靖子(右)と草なぎ剛が初共演(C)テレビ朝日
  • 1月14日スタート、テレビ朝日系ドラマ『スペシャリスト』(毎週木曜 後9:00)(C)テレビ朝日

オリコントピックス