アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 小野大輔、『世界から猫が消えたなら』朗読 原作者も太鼓判

小野大輔、『世界から猫が消えたなら』朗読 原作者も太鼓判

 実写映画も来年に公開される川村元気氏の小説『世界から猫が消えたなら』がオーディオブック化されることになり13日、都内で記者会見が開催された。オーディオブック版で主演およびナレーションを務めるのは、アニメ『黒執事』のセバスチャン役などで知られる人気声優の小野大輔。小野の起用は原作者側からの指名で、小野も原作を読み、スケジュールが厳しい中でも「自分がやりたい」と出演を熱望。両者の熱い思いから作品が完成した。

【写真】その他の写真を見る


 2012年10月に発売され、翌年の『本屋大賞』にノミネート、ラジオドラマ化(妻夫木聡主演・NHK-FM)もされた人気作。余命わずかと宣告された郵便配達員が、突如現れた“自分と同じ姿をした悪魔”と「世界から何かを一つ消すことで、一日の命を得る」という取引をしながら、かつての恋人、親友、家族との絆を確かめていくヒューマンドラマ。

 小野は、「悪魔」と「僕」を演じ分けほか、ナレーションも担当する難しい役どころになるが、川村氏は「小野さんの作品を聞いて、小野さんの持っている両面性を生かせるのではないか思った」といい、実際に完成した作品を聞いて「小野さんで良かった。前半が笑えて、後半はシリアス。コントラストが際立っていました」と太鼓判を押す。

 小野自身も「必要だと思われたことがうれしいし、それが僕のやりがい」と喜び、「この作品を読んだとき、自分に近しい部分を感じました。主人公の年齢、後ろ向きな性格、世の中を達観しているところ、飄々(ひょうひょう)としているところ、本当は熱い気持ちを持っていて家族を思いやっているところなど…。演じていても『自分っぽい』と思うことがよくありましたね」と語った。

 聞きどころについては「“悪魔”が“僕”の声の真似をするシーンがあって、そこが自分でもゾクッとするくらい怖かった。出会って一番怖い人は自分自身だと思っている。そのシーンは中盤以降に出てくるので、注目していただきたい」とアピールした。

 オーディオブック版は配信サービス「FeBe」にて、きょうから購入可能。朗読時間は5時間20分で、価格は税込で1512円。



関連写真

  • 『世界から猫が消えたなら』がオーディオブック化 (左から)原作者の川村元気氏、主演・朗読を担当した小野大輔
  • 小野大輔=『世界から猫が消えたなら』オーディオブック化記者会見
  • (左から)川村元気氏、小野大輔=『世界から猫が消えたなら』オーディオブック化記者会見
  • 川村元気氏=『世界から猫が消えたなら』オーディオブック化記者会見
  • 『世界から猫が消えたなら』書影

オリコントピックス