ドラマ&映画 カテゴリ

阿部寛「役作りじゃなく」男泣き 『下町ロケット』で感極まる

 俳優の阿部寛(51)が12日、都内でTBS日曜劇場『下町ロケット』(18日スタート、毎週日曜 後9:00)完成披露特別試写会に出席。第1話を見て「本当に泣きました。こうやって作品は完成していくんだなって、総力を感じたというか。すばらしい」と出来栄えに自信をにじませた。

【写真】その他の写真を見る


 第1話を鑑賞する前は「自分のあらばっかり探して落ち込む恐怖があって見たくなかった」と不安もあったようだが、「こんなすばらしい作品に出られて良かった」と感無量の様子。

 劇中でも目を真っ赤にして熱演を見せており「最近年取って涙もろくなってきているので、現場でも泣かなくていいところで泣いちゃっている」と苦笑。1話にある立川談春とのシーンをあげて「現場でも大泣きしたけれど、感極まるものがあった。役作りではなく泣いている」と振り返った。

 主人公の一人娘役を演じる土屋太鳳も、開始から「完成披露特別試写会に参加できて、愛情がこもった作品に参加できてうれしいです」と感涙。同作にちなみ、“働く人”へのメッセージとして「人生は順風満帆に進むとは限らないですが、踏ん張ったぶんその後に人や仕事とのつながりができる。私も今そうですが、挑戦し続けることが大事だと思います」と話していた。

 原作は『第145回直木賞』を受賞した池井戸潤氏の同名小説。阿部は、宇宙への夢を捨て切れず、ロケットエンジンの開発に情熱を傾ける工場の社長を演じる。

 そのほか、安田顕真矢ミキ恵俊彰(ホンジャマカ)、吉川晃司が出席した。

関連写真

  • 「最近年取って涙もろくなってきている」と話した阿部寛 (C)ORICON NewS inc.
  • 涙を浮かべる土屋太鳳 (C)ORICON NewS inc.
  • 左から)真矢ミキ、安田顕、吉川晃司、阿部寛、土屋太鳳、立川談春、恵俊彰 (C)ORICON NewS inc.
  • 『下町ロケット』完成披露特別試写会に出席した土屋太鳳 (C)ORICON NewS inc.
  • 『下町ロケット』完成披露特別試写会に出席した立川談春 (C)ORICON NewS inc.
  • 『下町ロケット』完成披露特別試写会に出席した安田顕 (C)ORICON NewS inc.
  • 『下町ロケット』完成披露特別試写会に出席した真矢ミキ (C)ORICON NewS inc.
  • 『下町ロケット』完成披露特別試写会に出席した恵俊彰 (C)ORICON NewS inc.
  • 『下町ロケット』完成披露特別試写会に出席した吉川晃司 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索