アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 向井理&榮倉奈々、美しすぎるウエディング写真公開

向井理&榮倉奈々、美しすぎるウエディング写真公開

 テレビ朝日系ドラマ『遺産争族』(10月22日スタート、毎週木曜 後9:00)で、主人公の“婿”佐藤育生役の向井理と、妻となる河村楓役の榮倉奈々のウエディング写真が公開された。身長182センチの向井と170センチの榮倉がタキシード&ウエディングドレス姿で登場すると、その美しさに現場にいた誰もがうっとり見とれた。

 遺産相続問題が勃発する家に婿入りした若き研修医が、その家族たちが繰り広げる争いごとに巻き込まれていく姿を、シニカルに、そしてコミカルに描いていくオリジナル脚本のドラマ。

 このほど“争族”の幕が切って落される結婚式シーンの撮影が行われ、新郎新婦のほかに、舅・河村恒三役の岸部一徳、恒三の妻・河村陽子役の余貴美子、“争族”の火元である楓の祖父・河村龍太郎役の伊東四朗、育生の母・佐藤華子役の岸本加世子のほか、室井滋板谷由夏鈴木浩介らが演じる親戚たちが勢ぞろいした。

 これまでドラマや映画で何度かウエディングドレスを着てきた榮倉は、向井の凛々しいタキシード姿に「本当にスタイルが良くて、絵になる方!」とほれぼれ。榮倉自身は「恥ずかしいから(結婚)式とかやりたくないな」と思っていたそうだが、相手が向井並みに格好よければ「みんなに自慢したくて結婚式をしちゃうかも」と笑いながら語っていた。

 一方の向井は「榮倉さんは(いろいろな作品で着ているせいか)ウエディングドレスを着慣れている感じでした(笑)。苦しかったりしたら、できる限りのサポートはしたいと思ったのですが…」と真正のジェントルマン。「照れや緊張はなかった」とニッコリ笑顔を見せつつも「ここからいよいよ“争族”が始まるんだな」という気持ちになり、“婿・育生役”としては「複雑な感情が入り混じっていた」という。

 「河村家の親族一同が集結した様子は、威圧感がすごかった」と苦笑いで振り返り「ドラマの撮影で、ここまでオールキャストが勢ぞろいするシーンというのはなかなかないと思うので、すごく新鮮だし貴重な体験でした。この先の撮影がすごく楽しみになりました」。

 メーンキャストの中で「僕と榮倉さんは“さっぱり担当”。さっぱりした見た目と、さっぱりした演技をお届けできたら」と向井。「“こってり担当”は親族のみなさんの中にたくさんいますからね(笑)。僕たちまでこってりしてしまったら、目も当てられなくなってしまいますから。こってりのみなさんに飲み込まれないように頑張らなくてはいけませんね」と意気込みを新たにしていた。



オリコントピックス