アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 中島美嘉、5年ぶりドラマ出演 挿入歌「愛の歌」も歌う

中島美嘉、5年ぶりドラマ出演 挿入歌「愛の歌」も歌う

 歌手の中島美嘉が、TBS系ドラマ『表参道高校合唱部!』(毎週金曜 後10:00)の第8話(11日放送)にゲスト出演する。中島がテレビドラマに出演するのは、2010年放送の『うぬぼれ刑事』(同局)以来、5年ぶり。また、ドラマの中でたびたび話題に上がっていた合唱部に古くから伝わるという「愛の歌」が中島の歌唱によって、その全貌が明らかになることもわかった。

 中島が演じるのは、表参道高校合唱部のOGで、現在はプロのアーティスト・神島カナとして活動しているという設定。劇中では合唱部の部員たちと一緒に、自身もカバーしたことのあるBEGINの「恋しくて」を歌う。

 これまで劇中で、その曲の存在に触れることはあっても、実際にどんな歌なのかは明かされてこなかった「愛の歌」。ドラマの終盤、この曲が主人公・香川真琴(芳根京子)の両親が高校時代に付き合うきっかけとなった思い出の曲として登場するほか、さまざまな人たちの絆を深める歌となっていく。

 中島は「とても緊張して臨みましたが、共演者の方にも支えていただき楽しく演じることができました。私の歌う曲が少しでもドラマのストーリーを盛り上げることができたらうれしいです」とコメントしていた。

 同楽曲はドラマオリジナルソングで、9月25日より配信先行リリースが決定している。



関連写真

  • TBS系ドラマ『表参道高校合唱部!』にゲスト出演する中島美嘉(前列左から)吉本実憂、志尊淳、神田沙也加、中島、芳根京子、城田優、森川葵(後列左から)瑛、萩原みのり、高杉真宙、堀井新太、泉澤祐希、柴田杏花(C)TBS
  • TBS系ドラマ『表参道高校合唱部!』にゲスト出演する中島美嘉。ドラマオリジナルソング「愛の歌」も発表(C)TBS
  • 中島美嘉が歌うドラマオリジナルソング「愛の歌」は9月25日より配信先行発売(C)TBS

オリコントピックス