ドラマ&映画 カテゴリ

『ヤングマガジン』(講談社)で連載中の平本アキラ氏のギャグ漫画『監獄学園-プリズンスクール-』が、7月から放送中のテレビアニメに続き、10月期にMBS・TBSの深夜ドラマ枠で実写化されることが4日、明らかになった。監督は、映画『ロボゲイシャ』(2009年)、『電人ザボーガー』(11年)、『ヌイグルマーZ』(14年)など、過激な企画の実写化で実績のある奇才・井口昇氏が務める。 11年2月に同誌で連載を開始し、コミックス既刊17巻で累計発行600万部を突破、13年に『第37回講談社漫画賞』の一般部門を受賞した原作は、元全寮制の女子高だった私立八光(はちみつ)学園を舞台に、女子風呂をのぞいた罪で懲罰棟(通称:プリズン)へ投獄されてしまった主人公・藤野清志(キヨシ)ら5人の男子生徒が、さまざまな手段で脱獄を試みる学園コメディー。キヨシたちを退学に追い込もうとする裏生徒会の会長、副会長、書記らと攻防を繰り広げる。

この記事の画像

  • 平本アキラ氏のギャグ漫画『監獄学園-プリズンスクール-』が連続ドラマ化。10月期のMBS・TBSの深夜枠で放送(C)平本アキラ/講談社
  • テレビドラマの監督は井口昇氏に決定

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索