• ホーム
  • 芸能
  • ゆるさが人気?料理が見たい?食レポしない食レポドラマが話題

ゆるさが人気?料理が見たい?食レポしない食レポドラマが話題

 食レポとドラマが融合した新感覚の連続ドラマ『泣きめし今日子』(TOKYO MX1)。放送開始から約3ヶ月が経ち、視聴率は初回からゆるやかな右肩上がり。数字をキープするのが難しい連ドラのなかでも、そのゆるさもあるキャラクターとストーリーのおもしろさ、さらに毎回登場する実在の有名店の絶品メニューの斬新な食レポがじわじわとファンを増やしているようだ。

 同ドラマのおもしろさは、ゆるさで視聴者のツッコミどころが満載な点。食レポドラマと銘打ちながら、主人公をはじめ登場人物は誰も食レポをしていないのだ。ドラマには毎回“ヘルシーでおいしい”をテーマにした実在の有名レストランの絶品メニューが登場。物語では、新人雑誌編集者の主人公が食レポ取材のために有名レストランを訪れ、その行く先々で名物料理を食べていく。しかし、肝心の食レポでは、毎回、同じ一言しかしゃべらない。しかも、ある理由があって、おいしいものを食べると泣いてしまう性格のため、その料理のおいしさを涙交じりの変顔(!?)で表現している。そんなふうがわりなドラマに、気がつくと日々の疲れた心が癒やされている。もしかすると、ドラマそのものにではなく、毎回おいしそうに映る料理にかもしれないが。

 土曜日の夕方に放送される同ドラマ。1週間のうちでも比較的のんびりとした気分でテレビをながめがちな同時間帯で、毎話4分というさくっと楽しめる気軽さとその特異な内容が女性を中心に共感を呼び、好評を得ている。そんな異色のドラマも残すところあと3回。主人公の斬新な食レポ姿が見納めになってしまうのはおしい気もする。物語は後半に入り、これまで伏線が張られていた主人公の秘密が徐々に明らかになってきており、最終回では“最高のレストランの最高のメニューで、最高の食レポ”が待っているという。おそらく最後まで、同ドラマの食レポスタイルは貫き通されるのだろうが、しっかりと結末をこの目に刻んでおきたい。
 ちなみに、これまでの回は公式サイトでフル配信されている。

『泣きめし今日子』公式サイト

関連写真

  • “謎の男”として出演するブラザートムと主演の安達花穂
  • 涙の食レポとは!?

オリコントピックス