アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 満島ひかり、実写『ど根性ガエル』ピョン吉の声優に抜てき「どうして私」

満島ひかり、実写『ど根性ガエル』ピョン吉の声優に抜てき「どうして私」

 女優・満島ひかりが7月11日より放送開始する日本テレビ系連続ドラマ『ど根性ガエル』(毎週土曜 後9:00)で主人公・ひろし(松山ケンイチ)のTシャツに貼り付いた“平面ガエル”のピョン吉の声優に起用されたことが5日、明らかになった。満島は「どうして私なんだろうと驚いて、笑ってしまいました。なかなか巡り合うことの出来ない冒険のように感じたので、うれしかったです」と心境を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、1970年に『週刊少年ジャンプ』で連載開始し、アニメも大ヒットした人気漫画を初実写化。今回は、原作から16年後、ダメ男になった30歳のひろしが、ピョン吉のある異変をきっかけに、人生をやり直そうとする…というオリジナルストーリー。松山、満島のほか、前田敦子勝地涼薬師丸ひろ子らが出演する。

 撮影現場では実際に満島も参加して、カメラに映らないところでほかの役者たちと共にピョン吉として演技する。「イキイキと、愛らしく演じたいです。リハーサルの時に、ひろし役の松山ケンイチさんとの掛け合いをしていて、心躍りました。あー、お芝居って楽しいなぁって。その感じで、粋なピョン吉を目指します」と意気込みを語っている。

 一方、“相棒”を演じる松山も「満島さんは見ている人の心、感情をズドンと動かす、すごい力をもった女優さん」と賞賛。「一緒にいるだけで強くなったり、安心したり、そういうところがピョン吉にはあるので、きっと、そういう関係性になっていくと思います。でも、きっと、一緒にやっていく中で、思っているのと違うピョン吉もでてくるんでしょうね」と満島のピョン吉に期待を寄せる。

 もともと満島の声が「大好きだった」という河野英裕プロデューサーは「優しくて、かつ叫びは切なく、そして勇気をもらえる声だと思っています。ピョン吉は『人間』ではありません。でも人間以上に人間らしい存在です。喜怒哀楽の表現が素直。そんな“人間でないもの”に命を吹き込んでくれるためには、満島さんの『声』と『力』が必要でした」と力説している。

 また、実写版ひろしのビジュアルもこのほど初お披露目。頭にサングラスを乗せ、青のパンツ、ぴょん吉のTシャツというお馴染みの姿だが設定は「30歳」。松山は「ピョン吉と一緒に跳んだり、水の中に入ったり、思った以上にハードです(笑)今回の撮影は“ど根性”の連続になりそうです!」とやる気をみせている。松山“ひろし”と満島“ピョン吉”による初共演映像もCMや公式サイトできょうから公開される。



関連写真

  • 連ドラ版『ど根性ガエル』でピョン吉の声優に抜てきされた満島ひかり
  • 連ドラ版『ど根性ガエル』で松山ケンイチ演じるひろしのビジュアルが初公開(C)日本テレビ
  • 連ドラ版『ど根性ガエル』で松山ケンイチ演じるひろしと満島ひかりが声優を務める“平面ガエル”のピョン吉の原作画(C)吉沢やすみ/オフィス安井
  • 連ドラ版『ど根性ガエル』で松山ケンイチ演じるひろしと満島ひかりが声優を務める“平面ガエル”のピョン吉の原作画(C)吉沢やすみ/オフィス安井
  • 連ドラ版『ど根性ガエル』で松山ケンイチ演じるひろしと満島ひかりが声優を務める“平面ガエル”のピョン吉の原作画(C)吉沢やすみ/オフィス安井
  • 連ドラ版『ど根性ガエル』で満島ひかりが声優を務める“平面ガエル”のピョン吉の原作画(C)吉沢やすみ/オフィス安井
  • 連ドラ版『ど根性ガエル』で松山ケンイチ演じるひろしのビジュアルが初公開(C)日本テレビ

オリコントピックス