• ホーム
  • 映画
  • 高所恐怖症者は閲覧注意! R・ゼメキス監督『ザ・ウォーク』予告編公開

高所恐怖症者は閲覧注意! R・ゼメキス監督『ザ・ウォーク』予告編公開

 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『フォレスト・ガンプ/一期一会』で知られるロバート・ゼメキス監督の最新作『ザ・ウォーク』の日本公開日が、2016年1月23日に決定し、あわせて日本語字幕版予告映像が21日、解禁された。

 同作は、1974年に当時世界一の高さを誇った米国のワールド・トレード・センターの間を、実際にワイヤーロープ一本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩に挑んだ男を描いている。

 この伝説の男フィリップ・プティを演じるのは、映画『500日のサマー』、『インセプション』のジョセフ・ゴードン=レヴィット。予告編で公開されている高さ411メートル、地上110階の道なき空間に足を踏み入れる姿は、高所恐怖症の人なら思わず身を震わせるような映像美となっている。

 同作について、ゼメキス監督は「1974年、当時世界一の高さを誇るツインタワーの間を渡ろうとするなんて、誰も考えない。前人未到のチャレンジをした男だけが味わえる外界から遮断された孤独。生と死のドラマ。高所恐怖症にはあまり気持ちのいいものではないかもしれないがね(笑)」と語っている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス