• ホーム
  • 芸能
  • 吉田鋼太郎、“石炭王”から“電力王”へ

吉田鋼太郎、“石炭王”から“電力王”へ

 俳優・吉田鋼太郎が主演するNHK名古屋放送局制作の放送90年ドラマ『経世済民の男 鬼と呼ばれた男〜松永安左ェ門』(9月19日 後9:00)の取材会がこのほど同局で行われた。5月初旬にクランクインし、名古屋市ほか各地でロケを行い、20日から本格的にスタジオ収録がスタート。吉田は「連続テレビ小説『花子とアン』で“石炭王”を演じましたが、今度は“電力王”を演じます」と充実した表情を見せた。

 同ドラマは、東邦電力(中部電力などの前身)を率いて、「電力王」と呼ばれた松永安左ェ門の功績を伝える物語。戦後、電力を使って日本の復興を成し遂げたいという思いで、74歳で立ちあがり、GHQなどを敵に回して不屈の精神で、それを成し遂げた。青木信也チーフプロデューサーは、松永安左ェ門を題材に選んだ狙いを「高齢化社会ですが、70歳を過ぎてから日本のことを思い、人々の姿を描くことで、晩節のあり方を問うことができるのではないか」と語っている。

 写真の松永さんは、とても眼光鋭く、数々の敵と喧嘩をするが、最終的にはその情熱や人間性などで相手を魅了し、人々をとりこにしていった人物。『鬼』と呼ばれる一方で、女性にはかなりモテたとも言われており、青木CPは「さりげなくセクシーでチャーミングな吉田鋼太郎さんをキャスティングいたしました」と期待を寄せる。

 吉田も「台本を読んでいるうちに、非常に魅力的な人だと思ったので、これを機に、松永さんを一気にメジャーに押し上げたいと思います」と気合十分に撮影に臨んでいた。

 取材会には、松永の妻・松永一子役の伊藤蘭、松永の秘書・中村博吉役の萩原聖人が同席。伊藤は「男性が活躍するドラマなので、私の出番はそれほど多くありませんが、松永さんの知的な部分、家での奥さんとの会話では仕事モードとはまた違うものを、導きだせればよいと思います」。

 語りも担当する萩原は、「語り手といえば萩原、萩原といえば語り手といわれるように、今回も語りをやらせていただきます。語りは、客観的な視点でおっかけていくのですが、本編では、狂気にみちた情熱をもって、松永さんに徐々にひかれていき、最終的には取りこまれていく役で、実際でも鋼太郎さんに取り込まれようと、一生懸命寄り添っています」と話していた。

 『経世済民の男』は、東京制作の『高橋是清』(8月15日・22日 後9:00)、大阪制作の『小林一三〜夢とそろばん〜』(8月29日、9月5日 後9:00)と、3部作のシリーズ。高橋は昭和初期に内閣総理大臣を務め、世界恐慌の時代に大蔵大臣として、積極的な経済政策により世界でいち早く恐慌から日本を脱出させたと評価されている人物。小林は阪急電鉄や宝塚歌劇団をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者。



オリコントピックス