ドラマ&映画 カテゴリ

橋爪功&名取裕子、ミステリードラマの2大巨頭がW主演

 連続ドラマ、2時間ドラマを問わず、数多くのミステリードラマに出演してきた俳優の橋爪功(73)と女優の名取裕子(57)が、7月スタートのテレビ朝日系木曜ミステリー枠の新ドラマ『最強のふたり〜京都府警 特別捜査班〜』(毎週木曜 後8:00)でW主演することが18日、わかった。“木曜夜8時の顔”とも言える看板シリーズを背負ってきた、まさに“最強のふたり”がタッグを組み、新しいスタイルのミステリードラマに挑む。

 橋爪は、1999年1月期の第1シリーズから第10シリーズ(2008年1月期※第6シリーズから『新・京都迷宮案内』)まで同枠で放送された『京都迷宮案内』に新聞記者・杉浦恭介役で主演。名取は、検事・鶴丸あやが“主婦の勘”を武器に真相を解明していく『京都地検の女』に主演し、2003年7月期から第9シリーズ(13年7月期)まで、絶大な支持を集めてきた。品を飛び越えて、互いのドラマにそれぞれの役柄でゲスト出演した経験もある。

 新ドラマで橋爪が演じるのは、一度退職し、嘱託刑事として捜査一課に戻ってきた東雲尋八(しののめ・じんぱち)。名取は、捜査一課に配属されたばかりの現役バリバリ女班長・夏木朝子(なつき・あさこ)に扮し、京都で起きる難事件の数々に立ち向かう。

 東雲と朝子は“事件捜査にかける熱い思い”と“ひとり暮らし”という共通点を除いては、立場も性格も正反対。東雲は長年の捜査活動で培った多くの情報源を活用した“脇道捜査”を得意とし、朝子は捜査経験こそ少ないが、署内の味方をうまく動かし、大胆かつ“王道”の捜査を遂行する。そんな水と油のような二人が交わった時、通常の捜査ではたどり着けなかったであろう、解決の一歩先にある真実が浮かび上がってくる。

 橋爪は「ボクも名取さんもせっかちで瞬発型。だから掛け合いも息が合って、テンポ感が心地良いんです。彼女が放つ球はすべて拾う心構えでいますし、逆にどんな球を投げても返してくれるのでやりやすい。せっかく2人がそろったのだから、ストーリーに変化球があっても面白いですし、自由に作っていけそうなので楽しみにしています」と期待をふくらませる。

 名取は「脚本の裏の裏まで読み込み、さらりと確実に演じる姿はまさに、神業。目が離せない大先輩です」と橋爪に揺るぎない信頼を寄せており、二人の掛け合いの妙、やりとりの面白さ、せりふの応酬が見どころになりそうだ。

 橋爪は「『京都迷宮案内』の時も試行錯誤を重ねながら、役柄の味わいを広げていきました。この『最強のふたり』も、長い目で見ていただければうれしいですね。まあ10年も20年も続けていたらボクも死んじゃうだろうけど(笑)、元気なうちはやりたいと思っています!」と意欲十分だ。

 ほかに、京都府警捜査一課夏木班所属の“ゆとり”刑事、大和田良太役に和田正人、同じく夏木班に所属する刑事・吉田美緒役に酒井美紀、京都府警鑑識課・課長の高田巌役に田中要次、鑑識課・課員の宮沢春子役に原田夏希、捜査一課・庶務担当の三好和夫役に吉見一豊、東雲が暮らしているシェアハウスの隣人で自称アーティストの徳間葵役に柳ゆり菜、京都府警捜査一課長・丸神敏明役に羽場裕一が配役され、脇を固める。

関連写真

  • 7月スタートのテレビ朝日系木曜ミステリー枠の新ドラマ『最強のふたり〜京都府警 特別捜査班〜』にW主演する橋爪功と名取裕子(C)テレビ朝日
  • 橋爪功が主演した『京都迷宮案内』第1シーズン(1999年)より(C)テレビ朝日
  • 名取裕子が主演する『京都地検の女』第1シーズン(2003年)より(C)テレビ朝日

オリコントピックス

メニューを閉じる