• ホーム
  • 映画
  • 武田梨奈、空手で“全身タイツ隊”を一蹴

武田梨奈、空手で“全身タイツ隊”を一蹴

 女優の武田梨奈が4日、都内で行われた映画『原宿デニール』(16日公開)のトーク&前売りチケット販売イベントに出席。同作の主演として「3万人を動員できなければ、“全身タイツ”で竹下通りを歩く」と公約した武田だが、公開日を直前に控えると「なんであんなことを言っちゃったのか後悔してます」と早くも弱音を漏らした。

 また、会場には“全身タイツ隊”が武田にピンクタイツを着させようと乱入。10歳から習い始めた空手で、琉球小林流空手道月心黒帯の2段の腕前を持つ武田は、大勢の観客を前に敵を一蹴。観客たちは、生格闘シーンを目の当たりにして、大盛り上がりだった。

 同作は、原宿を舞台に、夢を抱いた若者たちが悪戦苦闘する青春群像劇。武田は、先輩刑事との関係に悩む女性警官の横山を演じる。武田は見どころについて聞かれると、共演したお笑いコンビ・キングオブコメディの今野浩喜の名前を挙げ、「色気がすごい。今野さんと寝ているシーンがあるんですけど、緊張していました」と照れながらアピールした。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 得意の空手で“全身タイツ隊”を一蹴した武田梨奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 大勢の観客を前に敵を一蹴する武田梨奈 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス