ドラマ&映画 カテゴリ

北川景子、フジ連ドラ初主演 初の探偵役で笑顔封印

 女優・北川景子が7月よりスタートするフジテレビ系連続ドラマ『探偵の探偵』(毎週木曜 後10:00)に主演することがわかった。北川にとって同局連ドラ主演は初の試み。容姿端麗、頭脳明晰な探偵役で本格アクションにも初挑戦する。オファーを受け北川は「とても刺激的な役をいただきましたので、早く現場に入りたいと思いました」と期待に胸を踊らせている。

【写真】その他の写真を見る


 『万能鑑定士Q』シリーズや『千里眼』シリーズの松岡圭祐氏が書き下ろした、累計40万部を突破する同名小説(講談社刊)を実写化。北川が演じるのは、亡き妹の残酷な過去をきっかけに、『探偵を追う探偵』として活躍する女探偵・紗崎玲奈(ささき・れな)。中堅調査会社スマ・リサーチ社に新設された「対探偵課」で悪徳探偵業者を孤独に調査・追及する。『探偵の探偵』という異色な設定に加え、4話までの台本を読んだ北川いわく「今のところは、笑顔はないです(笑)。まったく笑わないという役は連ドラでは初めてだと思います」という難役に挑む。

 ハードなアクションシーンもあり、北川はキックボクシングを猛特訓。「格闘技に精通しているキャラなので、ボクシングのグローブつけてミットをたたく練習もあります。『まず10本!』って言われてやって、ちょっと水飲んだら、また『10本』という感じで。結構ハードなんですけど。“あしたのジョー”みたいな感じでやっています(笑)。回し蹴り、横蹴り、前蹴りといった蹴りも練習しています」とまい進している。

 原作者の松岡氏は「まさしく北川さんは生き写しだと思います。ライトで今風なセンスも兼ね備えた女優さんであり、その説得力ある演技が玲奈に唯一無二の生命を吹きこんでくださると確信しています」と太鼓判を押す。北川は自身が演じる玲奈について「見た目はクールだけど、実はエモーショナルな女性」と共感し、「捨て鉢と言いますか、体当たり的な性格が玲奈の魅力だと思うので、その辺は振り切って、思い切ってやれたらいいなと思っています」と意気込んでいる。

関連写真

  • 木曜劇場『探偵の探偵』(毎週木曜 後10:00)でフジテレビ連ドラ初主演を飾る北川景子
  • 木曜劇場『探偵の探偵』(毎週木曜 後10:00)原作イラスト
  • 木曜劇場『探偵の探偵』(毎週木曜 後10:00)でフジテレビ連ドラ初主演を飾る北川景子
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる