アニメ&ゲーム カテゴリ

“L役”小池徹平、ダボダボ衣装で恐縮「ラフ過ぎて…」

 俳優の小池徹平が5日、東京・日生劇場で行われた『デスノート The Musical』の公開ゲネプロ前に報道陣の取材に応じた。数々の難事件を解決する頭脳明晰な探偵・Lを演じる小池は、劇中同様の白い長袖シャツにジーンズ衣装で登場すると「ラフすぎて申し訳ないです…」と大勢の報道陣を前に恐縮していた。

 取材中、「この場には合わないですね…」と衣装を気にしていた小池だが、「Lって、とにかく見た目よりも頭脳を使って追い詰めるのにすべてを掛けるタイプ。(演じていて)着心地はいい」と笑顔。目のクマなど、入念なメイクをイジられると「練習のし過ぎではないです。僕自身は健康ですよ」といい、笑わせた。

 取材には、Lと頭脳戦を繰り広げる夜神月役の浦井健治柿澤勇人のダブルキャストも出席。報道陣から「どちらがやりやすい?」と振られた小池は「どっちか選べないですよ…。コソッと楽屋で伝えたい」と冗談を交えつつ「同じ台本で同じ芝居だけど、やる人が違うと相手側は飽きないし、どうくるんだろうという楽しみが二倍ある。大変だけど、ありがたいという気持ちが強い」と充実感をにじませた。

 同ミュージカルの原作は、2006年に映画化もされた大ヒット漫画『DEATH NOTE』。あす6日から29日まで同所で、5月には大阪、名古屋で上演。また夏には韓国キャストでの韓国公演も決定している。

関連写真

  • ダボダボ姿で恐縮する小池徹平(中)と浦井健治(左)、柿澤勇人(右) (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)浦井健治、小池徹平、柿澤勇人=『デスノート The Musical』公開ゲネプロ前取材 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索