• ホーム
  • 映画
  • 『ビリギャル』劇中歌、レコード店スタッフの新人歌手Sakuを起用

『ビリギャル』劇中歌、レコード店スタッフの新人歌手Sakuを起用

 現役レコード店スタッフであり歌手としても活動するSakuの新曲「START ME UP」が、有村架純が金髪ギャル姿を披露することで話題の『ビリギャル』(5月1日公開)の劇中歌に採用されたことがわかった。

 「START ME UP」は、有村演じる主人公さやかが力強く夢に立ち向かう姿勢を後押しするような高揚感あふれるギターロック。エモーショナルに歌い上げるSakuは、「映画を観て共感するところがたくさんあり、タワーレコードでバイトをしながらミュージシャンデビューを夢見た日々を思い出して、5回も泣いてしまいました……。この曲が多くの方のもとへと羽ばたきますように」とコメント。

 曲を聴いた有村は「Sakuさんに劇中歌を歌ってもらえて、私自身この映画により親近感を覚えました。私とSakuさんは偶然にも年齢が同じで、お互い道は違えども、がんばりたいと思う気持ちにすごく似ているものを感じました。Sakuさんのこの歌声は男性にも女性にも響くような素敵な声です」と語っている。



オリコントピックス