アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • トム・クルーズ、超絶スタント秘話 離陸する飛行機に“8回”しがみついた

トム・クルーズ、超絶スタント秘話 離陸する飛行機に“8回”しがみついた

 “不可能を可能にした”超絶のアクションシーンが話題のトム・クルーズ主演、人気映画シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(8月7日公開、全米は7月31日公開)。スパイ組織「IMF」の超敏腕スパイ、イーサン・ハントが、滑走路を助走し始める軍用機(A400)の翼に飛び乗り、時速400キロ以上に加速して離陸する機体のドア扉にしがみつくというスタントをトム本人が行っている。

 「僕が挑戦したスタントの中で最も危険なものだった」(トム)というこの地上約1524メートル(5000フィート)でのアクションシーン。同作のクリストファー・マッカリー監督は、前作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011年)の世界一高い超高層ビル、ブルジュ・ハリファ(828メートル)でのアクションを超える肉体的にハードなスタントを実現させたいと考え、トムに提案した。半分冗談で「キミがこの飛行機の離陸時に機外にいるというのはどうだろう?」と言ったところ、トムは「そうだね。それなら出来るよ」と快諾。「飛行機に乗りながら翼の上に出たり機体の外に行ってみたいと思っていた」というのだ。

 撮影は英国内で2日かけて行われた。その準備として、滑走路上で何らかの物体や鳥にぶつかることは大けがにつながるため、何日もかけて滑走路を清掃。飛行機にしがみついた状態で目を開けて撮影できるか何度もテストされた。翼の上に立っているときもエンジンから噴き出る燃料が直接トムの体にかかったり、噴煙(ガス)が目に入ったりしたので、瞳孔や網膜を守るため眼球全体をカバーできるレンズを着装したという。さらに、地上1000フィート(約304.8メートル)ごとに気温が下がるため、スーツ姿ではとても寒かったはずだ。

 マッカリー監督は「これほど緊張感のあふれる撮影現場は初めてだったよ。トムは『僕が(スタント中)、本当につらそうに見えてもそれは演技の一部だから、カメラを止めないで。本当にもうダメだというサインを出すまでね』と言っていたんだ。リアルなスタントを追求するトムならではの姿勢だけど、実際撮影を楽しんでもいたと思うよ」と振り返る。

 トムは飛行機のエンジンがまわり始めてから、上昇、地上走行、滑走路での走行、離陸、飛行、引き返して着陸、そしてエンジン停止まで機体の側面にずっと張り付き、理想のショットを撮影するために8回同じことを繰り返した。離陸の際、トムの身体は機体の壁に何度もたたきつけられたという。

 危険をかえりみず超絶スタントに挑んだトムは、自身最大のヒットを記録した前作『ゴースト・プロトコル』(全世界6億9400万ドル=約832.8億円)超えを狙う。



オリコントピックス