• ホーム
  • 映画
  • シリーズ最新作『007 スペクター』“黒づくめ”のジェームズ・ボンドお披露目

シリーズ最新作『007 スペクター』“黒づくめ”のジェームズ・ボンドお披露目

 人気映画シリーズ最新作『007 スペクター』のティザー(暫定)ポスタービジュアルが世界一斉解禁された。ダニエル・クレイグ演じる今回のジェームズ・ボンドは全身黒づくめ。右手にワルサーPPKを携え、まっすぐにこちらを見据えるボンドのブルー・アイが印象的だ。

 シリーズ誕生50年目に公開された記念碑的作品である前作『007 スカイフォール』(2012年)のラストで、ジュディ・デンチが演じてきたMがレイフ・ファインズにバトンタッチされ、ナオミ・ハリスがミス・マネーペニーとして登場。メンバーが刷新された007シリーズは新たにどんな地平を目指していくのか。

 サム・メンデス監督は、新メンバーの中で、ボンドが一番の経験者で知恵に長けていることから、今まで以上にボンドのMI6(英国の対外諜報機関)内での立場が重要になり、全編を通して彼が主導権を握る展開となっていることを明かしており、「冒頭から彼はある人物を追跡していますが、観客はその理由も内容もわからない。けれど、そこで起きていることはボンドの幼少期に関わる重要な秘密へと繋がっていきます。その壮大なテーマを知ったとき『撮らなくては』と思ったのです」(メンデス監督)と、前作で自らの出生の地“スカイフォール”に戻ったボンドが、今回は自身の少年時代の秘密と対峙することになる。

 また、M役のファインズ、マネーペニー役のハリス、Q役のベン・ウィショーについては「彼らのストーリーを、より個性が深まるようにもっと伝えたいと思いました。今作で彼らはある意味キャリアだけでなく生活をも危険にさらし、ボンドを助けようとします」と、メンデス監督。ただ、悪役クリストフ・ヴァルツについて語ることはなく、謎に包まれたままだ。

 昨年12月8日にクランクインし、英ロンドン、オーストリア・ソルデンから伊ローマへとロケ地を変えて撮影を敢行中。これまでに、ロンドンのテムズ川でのボートシーンや、ローマの街を走るアストンマーティンDB10などのアクションシーンのメイキングが公開されている。今後もメキシコのメキシコシティ、モロッコのタンジールなど世界中をめぐって撮影が行われる予定だ。

 同映画は今年11月6日に世界公開。日本でも11月公開が決定している。

(C)2015 Danjaq, MGM, CPII. SPECTRE, 007 Gun Logo and related James Bond Trademarks, TM Danjaq. All Rights Reserved.



オリコントピックス