• ホーム
  • 映画
  • 【日本アカデミー賞】『永遠の0』“V8”の岡田准一、井ノ原に感謝

【日本アカデミー賞】『永遠の0』“V8”の岡田准一、井ノ原に感謝

 V6岡田准一が27日、都内で行われた『第38回日本アカデミー賞』授賞式に出席。最優秀助演男優賞(映画『蜩ノ記』)と最優秀主演男優賞(同『永遠の0』)でW受賞という、同賞始まって以来の快挙に加え、『永遠の0』は作品賞、監督賞など最優秀賞で8冠に輝いた。

 先に発表された最優秀賞助演男優賞でのスピーチで岡田は「自分のことですけど、長年一緒に仕事をしてきた仲間の一人から『ここに立てることを誇りに思う』といただいて、人に誇ってもらえるってすごくうれしいです」と言葉を詰まらせた。

 授賞式後、囲み取材に応じた岡田は前述のメッセージがメンバーの井ノ原快彦からのメールだったことを明かし「芝居の方にいってた時期をメンバーも許して、応援してくれた」と深く感謝。「『20年間いろいろあったけど、この場所に立てる岡田を俺は誇りに思います』と。20年一緒に頑張ってきた仲間に初めて『誇りに思う』と言われた」と照れくさそうに笑った。

 話題賞を含めると個人では3冠を獲得した岡田は「アカデミー賞の場に立てるとは思わなかったので、映画人として認めていただけるキッカケになったのかな」と感慨深げ。「受賞に恥じないように。映画俳優としての覚悟を持たせるためにここに立たせてくれたんだと思います」と姿勢を正した。



オリコントピックス