ドラマ&映画 カテゴリ

『第38回日本アカデミー賞』の授賞式が27日、都内で開催され女優・宮沢りえが7年ぶりの主演作『紙の月』で最優秀主演女優賞を受賞した。舞台の仕事の都合で会場を後にしていた宮沢の代理として、吉田大八監督がステージにあがり、「映画も演劇に負けない野心的な企画を持っていかないとな、と彼女がいない席を見ながら思いました。彼女がまた7年空いたら、もったいなさ過ぎると思います」と宮沢を讃えた。 舞台の上演後、授賞式のテレビ中継に電話で出演した宮沢は「この作品に出会えたことは宝物。これからも志を高く頑張っていきたい」とさらなる飛躍を誓った。宮沢は来年度の同授賞式の司会を務めることになる。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索