• ホーム
  • 芸能
  • 8.6秒バズーカー、急激ブレイクに不安吐露「完全には消えないよう頑張りたい」

8.6秒バズーカー、急激ブレイクに不安吐露「完全には消えないよう頑張りたい」

 「ラッスンゴレライ」でブレイク中のお笑いコンビ・8.6秒バズーカーが、いまニョキっときている注目のタレントに迫るインタビュー番組『水曜のニョッキ』に登場。2014年4月にデビューしたばかりの若手コンビだが、急激に世間から注目を集めた現状への重圧、不安を吐露している。

 忙しい毎日を送っているという二人だが、はまやねん(23)は「僕らの名前が知られていない」、田中シングル(23)も「街とかで『ラッスンー!』って言われます」とコンビ名が認知されていない寂しさをポツリ。

 ブレイクしたという実感は「たくさんの大人が動き出してから」あったといい、あまりの忙しさからか、はまやねんは「あっという間過ぎて、ほぼ何も覚えていない。スケジュールでめっちゃすごい番組の仮予定がきたときはゲロ吐きそうになります」と恐怖感も告白した。

 目をつぶって挙手で答える「目隠し質問ゲーム」では、「正直、この人気は来年までもたない?」という質問にコンビそろって挙手。「一発屋と言われていますし、候補に入っていますから」と弱音を漏らすと、田中シングルは「わしに任せ」と不安そうなはまやねんをフォローし、「今の人気はガッていっているので、横ばいになるか下がるかにはなると思う。ただ、なんかおるなっていう存在にはなりたい。完全には消えないよう頑張りたい」と意気込んでいた。



オリコントピックス