中谷美紀、50人以上に手料理差し入れ

 女優の中谷美紀(39)が31日、都内で行われた主演映画『繕い裁つ人』の初日舞台あいさつに出席した。撮影中には、自ら豚汁や鴨汁、中華スープなどの手料理を50人以上のスタッフやキャストに振る舞った中谷は「豊かな映像を描くために削られるのは食費。真冬に自分が温かいものをいただきたかったので、僭越ながらそのようなことをさせていただきました」と謙虚に語った。

【写真】その他の写真を見る


 16日間という短期間での撮影で、弁当を食べるヒマもなかったという三島有紀子監督は「汁物なら動きながら飲めるので、ひたすらそれをいただいていました」と中谷の心遣いに感謝。共演の三浦貴大(29)も「撮影中にもかかわらず、鶏団子を手で丸めていて、ベタベタにならないのかと心配しましたが、美味しかったです」と喜んだ。

 劇中では職人気質の頑固な仕立屋の二代目主人を演じた中谷だが、撮影中には役作りのために裁縫やミシンの研鑽を積んだ。その成果として、中谷のお手製ポンチョを羽織った三島監督は「監督冥利に尽きる。虫に食われないように頑張ります」と改めて感激。中谷は「ただまっすぐ練習用に縫うことに飽きてしまった。本番に向けてボルテージを上げるには、監督のために何かを差し上げるのが、想いがこもっていいと思った」と満足げに振り返った。

 三島監督は「スタッフが寝ずにやっていまして、だんだん士気が落ちるなか、中谷さんは座長として高めてくれた。自分がどう演じるかだけでなく、作品がどう向かっていくかを考えて走ってくださる方」と主演女優への称賛は尽きなかった。



関連写真

  • 主演映画『繕い裁つ人』の初日舞台あいさつに出席した中谷美紀 (C)ORICON NewS inc.
  • 中谷の手作りポンチョに感激する三島有紀子監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『繕い裁つ人』の初日舞台あいさつに出席した(写真左から黒木華、中谷美紀、三浦貴大、三島有紀子監督) (C)ORICON NewS inc.
  • 刺繍でできた映画『繕い裁つ人』のポスター (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス