• ホーム
  • 映画
  • 『ベイマックス』興収64億円突破 花園神社で“鈴”奉納

『ベイマックス』興収64億円突破 花園神社で“鈴”奉納

 ディズニー・アニメ映画『ベイマックス』が、公開5週目を迎えた今月18日までに観客動員504万2424人、興行収入64億1014万7700円を記録したことが19日、わかった。興行通信社による全国映画動員ランキング(1月17・18日の集計)でも3週連続1位をキープした。

 この日、同映画のアカデミー賞受賞祈願のため、日本語版の声優陣とディズニー関係者が東京・新宿の花園神社を参詣。リサーチのためドン・ホール、クリス・ウィリアムズ両監督が日本を訪れた際、同神社で目にした鈴からインスピレーションを得て、ベイマックスの顔のデザインが生まれた経緯から、映画のヒット御礼として新しい“鈴”の奉納も行われた。

 祈祷に参加したのは、ヒロ役の声優・本城雄太郎、ゴーゴー役声優の浅野真澄、ハニー・レモン役声優の山根舞。本城は「泣きたいときは泣いていいんですよという温かいメッセージの込められた、優しい映画。大ヒットしてくれて本当にうれしく思います」と喜びを語っていた。

 2月22日(日本時間23日午前)に米ロサンゼルスで発表される『第87回アカデミー賞』長編アニメーション部門にノミネートされている同作。昨年度は、『アナと雪の女王』が同賞を受賞しており、ディズニー映画の2連覇がかかる。日本語版の声優陣3人も「ぜひ(アカデミー賞を)取ってほしい!」と声をそろえ、同神社の宮司も「とても面白かったです。アカデミー賞も取れるのではないでしょうか?」と期待していた。

■興行成績
1週目(12月20・21日):動員46万3556人、興収6億41万500円
2週目(12月27・28日):動員38万8721人、興収5億1497万0900円
3週目(1月3・4日):動員50万5074人、興収6億6541万4100円
4週目(1月10・11日):動員41万3230人、興収5億4608万8800円
※(1月12日):動員26万1730人、興収3億2125万4500円
5週目(1月17・18日):動員31万7545人、興収4億2625万100円



関連写真

  • 映画『ベイマックス』の日本語版声優陣が東京・新宿の花園神社に御礼参りで“鈴”を奉納
  • 1月18日までに興行収入64億円を突破する大ヒットを記録
  • 現地時間2月22日発表の米アカデミー賞受賞祈願も行った

オリコントピックス