アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • スポーツ
  • 福原愛、全日本欠場「残念で悔しい」 リオ五輪にむけ2月復帰へ

福原愛、全日本欠場「残念で悔しい」 リオ五輪にむけ2月復帰へ

 16年間出場していた全日本選手権を腰椎椎間関節障害のため欠場すると発表していた、卓球の福原愛(26)が13日、自身のブログで「欠場するということはとても残念ですし悔しいです」と心境を明かした。

 改めて同大会への欠場を報告した福原は「全日本選手権は私にとって、とても大きな意味を持つ大会であり、一般の部には10歳から16年間出場していましたが、毎年特別な思いを抱き、応援して頂いている皆さまや支えてくださっている皆さまと嬉しい気持ちも悔しい気持ちも共有してきたと感じている大会です」とした上で、「そんな思い入れのある全日本選手権を欠場するということはとても残念ですし悔しいです」と心境を告白。

 それでも「私の目標はリオのオリンピックで女子シングルスと団体の両方でメダルを獲得すること」とつづると「欠場を決めた以上、前を向いて、一日も早く万全の状態にして、また活躍出来るように頑張ります!」と“復活”を誓った。

 「皆さまからの応援メッセージは大きな励みになります」という福原。感謝の言葉とともに「自分のベストプレーを見てもらい、良い結果を収めた時に喜んで頂けることが、私は何よりもだいすきで幸せだと感じます」との思いを明かすと「今回の欠場に見合うだけの努力をして、2月から行われるワールドツアーで復帰し、4月の世界選手権蘇州大会を見据えて、今からしっかりと準備していきたいと思います」とつづった。



オリコントピックス