アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • EXILE佐藤大樹が先輩・松本主演ドラマにゲスト出演

EXILE佐藤大樹が先輩・松本主演ドラマにゲスト出演

 EXILEの最年少メンバー・佐藤大樹(19)が、先輩メンバー・松本利夫の主演ドラマ『ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜』(毎週木曜 後11:59 読売テレビ・日本テレビ系)の第11話(11日)と第12話(最終話・18日)に出演することが8日、わかった。

 今年4月に新生EXILEに最年少メンバーとして加入した佐藤は、以前は役者として活動していた時期もあり、同ドラマがスタートした時から「出たいです」と松本に同ドラマへの出演をアピールしていた。そんな佐藤の心意気を買った松本は、「僕はそういう気持ち、心意気が好きなので、もしハマるような役があればと思って、スタッフに大樹の事をお話させていただきました」と話し、今回の“共演”が実現した。

 法律の知識が全くない型破りな法律事務所の新人事務員・箕輪(ミノワ)文太(松本)の活躍を描いた同ドラマ。クライマックスとなる11、12話では、ある傷害事件に大きな権力が働き、犯人の友人である秋吉裕司(佐藤)が身代わりとして逮捕される。物語のカギを握る役どころに、佐藤は「台本を読んだ時、やりがいがあるなと思いました。責任は重大ですけど務まるように頑張りたいと思います」と意気込む。松本も「本人も重要な役であがっているんじゃないですかね(笑)」とうれしそうに後輩を気遣った。

 今後はEXILEのパフォーマーはもちろん、役者としても幅を広げていきたいという佐藤は、「目標として定めているのは5年以内にMATSU(松本)さんのように主演でドラマか映画か舞台をやること」と大きな目標を掲げる。松本も佐藤のように自分たちの後に続く頼もしい後輩たちの出現を喜んでおり「後輩の子たちは入った瞬間から良い意味でプラスαの欲が出てきていると感じますね。『お前、いきなり主演だって?』とか、そうなってくれると自分たちもやってきた意味がありますし、純粋に嬉しいですね」と明かした。



オリコントピックス