アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 嵐、紅白最多連続司会に歓喜 初の大トリは「想像できない」

嵐、紅白最多連続司会に歓喜 初の大トリは「想像できない」

 大みそか恒例の『第65回NHK紅白歌合戦』(12月31日、後7:15〜後11:45 総合ほか)で2010年(第61回)以降、アナウンサーを除いては史上初の5年連続、5回目となる白組司会に抜てきされた人気グループ・が10日、東京・渋谷の同局内で行われた司会者発表記者会見に出席した。

 今年結成15周年を迎える嵐は、同局アナウンサー以外では、最多連続記録となる5回目の紅白司会。相葉雅紀は、「まさか5年連続で司会をさせてもらうなんて夢にも思わなかった」と感無量の様子で「本当に幸せです。ありがとうございます」と喜びを爆発させた。

 昨年、50回の出場に区切りをつけ、紅白を“勇退”した演歌歌手・北島三郎とともに一年の有終の美を飾った嵐。リーダーの大野智は「最終的には紅組、白組、関係なく笑っていたい」と年末の祭りを楽しみつつも「今年も勝ちにこだわりたい」と意気込み、3連覇に向けて、勝利を誓った。

 まだ紅白出場歌手は未発表だが、報道陣からは早くも嵐の大トリを望む声が上がると、メンバー全員は「考えてなかったな〜」と困惑。松本潤は「今まで自分たちが歌ったあとにエンディングまで駆け上がっていく感じだった。自分たちがそこ(大トリ)まで歌ってない姿が想像できない」と本音を吐露。最後に櫻井翔は「もし出場できたら印象に残るパフォーマンスがしたい」と意気込むにとどまった。

 紅組司会には、NHK連続テレビ小説『花子とアン』で主演を務めた女優の吉高由里子が抜てき。司会経験“0”の吉高は、「状況が掴めてないですね…」と恐縮しきり。紅白の先輩として櫻井は「ご飯を食べるタイミングは重要だよ」と優しくアドバイスしていた。

 今年のテーマは「歌おう。おおみそかは全員参加で!」。総合司会は、3年連続で有働由美子アナウンサーが務め、放送時間は歴代最長タイとなる、午後7時15分から午後11時45分の4時間半(5分間のニュース中断含む)の長丁場で、日本を代表する歌手たちが熱いステージで一年を締めくくる。これまでの対戦成績は紅組29勝、白組35勝。



オリコントピックス