アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 高畑充希、復興支援ソング「花は咲く」歌う

高畑充希、復興支援ソング「花は咲く」歌う

 女優の高畑充希が、NHKの東日本大震災・復興支援キャンペーン「花は咲く 東北に咲く」の一環で制作された5分アニメの劇中歌「花は咲く」を歌唱していることが22日、わかった。高畑は「歌詞もメロディも聴く人によってさまざまな捉え方ができる楽曲なので『これを伝えなければ』と気負わずに、大らかな気持ちで歌うことができました。耳にして下さった方が、“何か”を感じとってくれたらうれしいです」と話している。

 同曲は、作詞を東北出身の映画監督・岩井俊二氏、作・編曲を菅野よう子が担当し、2012年に発表されたチャリティーソング。今回、高畑は、菅野によってアップテンポにアレンジされた新バージョンを歌う。

 3月まで放送された連続テレビ小説『ごちそうさん』で主人公・め以子の義理の妹・西門希子を演じた高畑は、菅野が作曲した劇中歌「焼氷有り の唄」を歌い、その伸びやかで透き通った歌声が大きな話題となった。そんな高畑の圧倒的な歌唱力と表現力に惚れこんだ菅野がラブコールを送り、今回のコラボレーションが実現した。

 高畑はアニメに登場する“不思議な少女”役でアフレコにも挑戦した。同アニメは、どこか頼りない様子の「どーもくん」と英語アニメ『リトル・チャロ』の主人公「チャロ」の“ふたり”が東北を旅して、その魅力を伝えるストーリー。今回は“不思議な少女”と出会って3人で東北を巡る。アニメーションの世界に三次元のどーもくんが溶け込んでいる演出が見どころとなっている。

 同曲は、岩手県・宮城県・福島県の出身者とゆかりのある歌手・タレント・スポーツ選手が歌唱したのをはじめ、大河ドラマ『八重の桜』(2013年)で主人公・八重の少女時代を演じた鈴木梨央がカバーしたアニメバージョンや、4人組のボーカルグループ、イル・ディーヴォによる英語バージョン、フィギュアスケートの羽生結弦選手による演技バージョン(ピアノと歌唱は指田郁也)なども放送された。

 今回のアニメは9月8日(後3:55〜)より、随時放送予定。メイキングを入れた10分バージョンも制作中。



関連写真

  • 5分アニメ『花は咲く 東北に咲く』放送決定(C) NHK・TYO/NHK・NED/NHK・NEP
  • 劇中歌「花は咲く」を歌うのは女優・高畑充希
  • 「花は咲く」の作曲家・菅野よう子自らアップテンポにアレンジした新バージョンが誕生(左から)菅野よう子、高畑充希

オリコントピックス