アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 尾野真千子、おやじの背中「ずっと見ていた」

尾野真千子、おやじの背中「ずっと見ていた」

 父と子をテーマに、10人の脚本家と10組の俳優を掛けあわせた1話完結全10話のTBS系ドラマ『日曜劇場 おやじの背中』(毎週日曜 後9:00)。17日放送の第6話「父の再婚、娘の離婚」は、妻を亡くし、定年退職で第一線からは退いた男。夫との間に溝が生まれ、生活に疲れ切っている一人娘。お互いのことを心配するあまり衝突する父と娘を、親子役で共演すること3度目の國村隼尾野真千子が情感豊かに演じる。

 父親のことが大好きで、「小さいころは周りから『金魚のフン』と言われるくらいどこに行くにも父の後ろを追いかけていた」という尾野にとって「おやじの背中」 は、「父、そのもの。父の背中をずっと見ていた気がします」と懐かしむ。

 脚本を担当したのは、SMAP・草なぎ剛主演でヒットした『僕の生きる道』、『僕と彼女と彼女の生きる道』、『僕の歩く道』の「僕シリーズ3部作」が代表作の橋部敦子氏。尾野は「あ、最近お父さんと連絡取ってないな、連絡してみようかな、と思ってもらえるようなドラマになっていると思う」と手応えを明かし、自身もまた「今までたくさん話してきたようで、意外とちゃんとしゃべってなかったなあ、と気づきました。いつかもっと話をしたいなと思いました」と話していた。

 一方、尾野に「娘を見るよう」なまなざしを向ける國村は、「初共演は彼女のデビュー作(『萌の朱雀』1997年公開)だから15年以上前になるかな。でも3回の親子役の中でも今回はほとんどニ人のお話ですから、過去2回とは密度が違います」と今作での共演を喜んだ。

 尾野も「國村さんは仕事上の大先輩なのに、なぜかそう思えない。今や本当はどこかで血が繋がってるんじゃないかって思 うくらい (笑)、そのくらいご縁も多くて、久しぶりに共演させていただいて、すごく楽しい日々を送っています。芝居のことも他愛もないことも、こんなにいろんな ことを言いあえて話せる共演者はそういません」と話していた。



関連写真

  • 8月17日放送のTBS系ドラマ『おやじの背中』第6話のワンシーン。父と娘を、國村隼(右)と尾野真千子(左)が情感豊に演じる(C)TBS
  • 七海(左=尾野真千子)は典久(中央=國村隼)がパーティーで知り合った女性・芳子(右=中田喜子)と一緒にいるところを目撃する(C)TBS

オリコントピックス