• ホーム
  • 芸能
  • 第151回「芥川賞」は柴崎友香氏の『春の庭』 「直木賞」は黒川博行氏『破門』

第151回「芥川賞」は柴崎友香氏の『春の庭』 「直木賞」は黒川博行氏『破門』

 日本文学振興会は17日、『第151回芥川賞・直木賞(平成26年度上半期)』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川龍之介賞に柴崎友香氏(40)の『春の庭』(文學界6月号)、直木三十五賞に黒川博行氏(65)の『破門』(KADOKAWA)を選出した。なお、芥川賞の柴崎氏は候補4度目にして受賞を決め、直木賞の黒川氏は候補6度目にして念願の受賞を手にした。

 今回の吉報を東京・浅草で受けたという柴崎氏。記者会見では芥川受賞に「本当に大きな賞をいただきまして、ありがとうごいます。まだ、信じられない心地なんですが、しっかりとこの賞を受け止めて、小説を書いていきたいと思います」とコメント。

 一方、直木賞を受賞した黒川氏は、雀荘で麻雀をしながら待っていたといい、「まさか、受賞できると思ってなかったし、5回落ちて“またか”と思いまして、最後はカラオケでも行こうかと…」と笑わせつつも、「本当にありがたいことです」と感謝の言葉を述べた。

 芥川賞・直木賞は昭和10年に制定。芥川賞は新聞・雑誌に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌、単行本で発表された短篇および長編の大衆文学作品を対象に優秀作を選定する。

 前期・第150回(平成25年度下半期・1月16日発表)は、小山田浩子氏の『穴』が芥川賞に、朝井まかて氏の『恋歌』と姫野カオルコ氏の『昭和の犬』が直木賞を受賞している。
候補作品は以下のとおり。

■第151回「芥川龍之介賞」候補作品
戌井昭人『どろにやいと』群像1月号
小林エリカ『マダム・キュリーと朝食を』すばる4月号
柴崎友香『春の庭』文學界6月号
羽田圭介『メタモルフォシス』新潮3月号
横山悠太『吾輩ハ猫ニナル』群像6月号

■第151回「直木三十五賞」候補作品
伊吹有喜『ミッドナイト・バス』文藝春秋
黒川博行『破門』KADOKAWA
千早茜『男ともだち』文藝春秋
貫井徳郎『私に似た人』朝日新聞出版
柚木麻子『本屋さんのダイアナ』新潮社
米澤穂信『満願』新潮社



オリコントピックス