ドラマ&映画 カテゴリ

お笑いコンビ・ココリコ田中直樹と、お笑いトリオ・ジャングルポケット斉藤慎二が今月、静岡県焼津市近郊の駿河湾で行ったTBS系トークバラエティー『アイ・アム・冒険少年』(毎週水曜 深11:53)のロケで、“世紀の新発見”をしていたことがわかった。番組では「新種発見プロジェクト」企画の第2弾ロケとして、駿河湾の深海450〜1400メートル付近を漁船によるはえ縄漁で調査。そこで、オオグソクムシのアルビノ個体を捕獲した。 はえ縄に付けた筒状の仕掛けには通常のオオグソクムシやヌタウナギなども入っていたが、それらの中に真っ白なオオグソクムシを発見。体の色が白いだけでなく真っ黒なはずの目が白に近いオレンジだったことからアルビノ個体であると判断された。オオグソクムシは“5年間絶食しても生きている”ことで有名になったダイオウグソクムシの近縁種で、いわゆるダンゴムシの仲間。アルビノとは突然変異で体内に色素を持たない個体のこと。

この記事の画像

  • 駿河湾でアルビノ個体を発見した面々。右から新江ノ島水族館飼育員・根本卓さん、ジャングルポケット・斉藤慎二、ココリコ・田中直樹、やいづ親善大使・長谷川久志船長、船長の息子・一孝さん(C)TBS
  • 通常の色のオオグソクムシ(右)は体が茶色で目が黒い。一方、アルビノ個体(左)は体が白く目が白に近いオレンジ色をしている。6月25日、TBS系『アイ・アム・冒険少年』放送(C)TBS
  • 今回発見されたオオグソクムシのアルビノ個体。6月25日、TBS系『アイ・アム・冒険少年』放送(C)TBS

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索