アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 三代目JSB・山下健二郎、フジ連ドラ初出演 マザコンのおぼっちゃま役

三代目JSB・山下健二郎、フジ連ドラ初出演 マザコンのおぼっちゃま役

 ボーカル&パフォーマンスグループ・三代目J Soul Brothers山下健二郎(28)がフジテレビ“月9”ドラマ『極悪がんぼ』(毎週月曜 後9:00)の第5話に出演することが8日、わかった。ドラマ出演は今回で3回目だが、同局の連続ドラマへは初出演となる。月9ドラマは、スーパースターが出演しているイメージがあるという山下だが、撮影前日は「緊張していて眠れなかった」と苦笑い。しかし、「一言一言に魂を込めて、精一杯演じた」と力を込めた。

【写真】その他の写真を見る


 山下が挑むのは、大阪出身の経営コンサルタント社長・鬼切虎子(室井滋)の息子・鬼切政夫。親のスネをかじっているマザコンのおぼっちゃまだ。山下は役について「どこかかわいらしくて憎めないところがある愛嬌のある役」といい、「まだまだ未熟者ですが、演じにくくはなかった」と話す。

 5話では、室井演じる虎子が金暮市に乗り込み、三浦友和が好演する金子千秋に脅威をみせつけ、事件屋VS事件屋の攻防を繰り広げる。そんな中、山下が演じる政夫が騒動に絡み、知らず知らずのうちに物語をかき回していく。

 キーマンとなる役どころに、山下は「話に出てくる『手形』の仕組みについても調べて勉強したり、髪もバッサリ切った」と準備は十分で臨む。現場では「緊張を必死に隠して頑張った」というが、共演の三浦や室井から「ダンスをいつから始めているの?」「筋トレの仕方を教えて」と話しかけられたことで、「緊張がだいぶ解けました」と胸を撫で下ろした。

 注目してほしい部分は、「やはり室井さんとのやりとりや、僕のマザコン具合」と推す。「今まで演じたことがない、表現したことない役。ぜひ、見ていただきたい」と呼びかけた。



関連写真

  • フジテレビのドラマに初出演する三代目J Soul Brothers・山下健二郎
  • 室井滋(右)の息子役で出演 親のスネをかじるおぼっちゃま役!
  • 三浦友和(左)と共演=ドラマ『極悪がんぼ』第5話の場面カット

オリコントピックス