アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • NHK、“低俗バラエティー”批判にコントで応戦

NHK、“低俗バラエティー”批判にコントで応戦

 ウッチャンナンチャンの内村光良がメインで出演するNHKのオムニバスコント番組『LIFE!』(毎週木曜 後10:00 総合)で、一部の国会議員から「NHKのバラエティーが低俗」と厳しく追及されたことをネタにしたコントが放送されることがわかった。

 あす(8日)放送予定で、タイトルは「NHKなんで」。内村演じるNHKの超古株ディレクター・三津谷が、「NHKなんで。」と言いながら、必要以上に硬い演出を要求する、というコントで、昨年12月に嵐の大野智をゲストに1度放送されたことがある。

 第2弾となる今回は、同局のバラエティー番組の収録現場に超古株ディレクター・三津谷(内村)が現れ、「NHKなんで、低俗な雰囲気はまずい」「NHKには『日本各地の地域性や、さまざまな歴史や文化を紐とくような番組』を放送する義務がある」と言い出し、番組内容を変えていく、という内容。はたしてどんな番組ができあがるのか?“低俗ではない”バラエティー番組とは何か、を世に問う“問題作”になりそうだ。

 ひな壇芸人役として、山崎弘也、東京03・飯塚悟志オードリー(春日俊彰・若林正恭)、狩野英孝がゲスト出演する。

関連写真

  • 突然現れたディレクターに固い演出を強要され、とまどう芸人たち。5月8日放送、NHK『LIFE!』で披露されるコント「NHKなんで」のワンシーン(C)NHK
  • 「NHKなんで」と決めゼリフとポーズをとるゼネラル・エグゼクティブ・プレミアムディレクターの三津谷(内村光良)(C)NHK

オリコントピックス