• ホーム
  • 芸能
  • 金爆、“ネタ切れ”で解散も覚悟?「いつ消えてもいい」

金爆、“ネタ切れ”で解散も覚悟?「いつ消えてもいい」

 人気エアバンド・ゴールデンボンバーが24日、都内で行われたファンタ『ゴールデンボンバー』記者会見に出席した。“重大発表”と題された会見に報道陣が“解散”を心配すると、鬼龍院翔は「いつでも解散の危機なんです」とあっさり。「こんなエアバンドは前例がないので『今年消えるだろう』と毎年言われている。自分たちとしてはいつ消えてもいいだろうと覚悟はできている」と告白。樽美酒研二は「割ともうネタ切れ」と苦笑した。

【写真】その他の写真を見る


 さらに、樽美酒は4人組バンドのSEKAI NO OWARIでピエロのお面をかぶったDJ LOVEとの“キャラかぶり”を鬼龍院に指摘され「キャラクター的にも負けている」と自虐。鬼龍院は「『女々しくて』しかないので早く次にいかないと一発屋になっちゃう。次のCDではファンタさんにタイアップを…」と擦り寄っていた。

 バンド名を決定してから10年の節目を迎えたが、“エア”から卒業し実際の楽器演奏をはじめることに喜矢武豊は「100%ないです、なんなら音楽に対して嫌悪感もある」と完全否定。樽美酒も「センスもやる気もない」と同意していた。

 会見では『ファンタ』謎解きキャンペーンの企画で、サイト内動画に出演する金爆が、エアバンドから転職し“怪盗”に変身。大きくお腹の部分がカットされた衣装を身につけた歌広場淳は「ちょうどツアー前でポチャポチャの時期…」と恥ずかしがり、樽美酒も「あんまり見るんじゃない!」とけん制し笑いを誘っていた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」


関連写真

  • ゴールデンボンバー(左から)歌広場淳、喜矢武豊、鬼龍院翔、樽美酒研二 (C)ORICON NewS inc.
  • 樽美酒は腹筋を披露 (C)ORICON NewS inc.
  • ファンタ『ゴールデンボンバー』記者会見に出席した歌広場淳 (C)ORICON NewS inc.
  • ファンタ『ゴールデンボンバー』記者会見に出席した(左から)歌広場淳、喜矢武豊、鬼龍院翔、樽美酒研二 (C)ORICON NewS inc.
  • ファンタ『ゴールデンボンバー』記者会見に出席した鬼龍院翔 (C)ORICON NewS inc.
  • ファンタ『ゴールデンボンバー』記者会見に出席した喜矢武豊 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス