ドラマ&映画 カテゴリ

【日本アカデミー賞】オードリー若林、話題賞受賞「かつてない場違い感」 西田敏行に上から目線

 『第37回日本アカデミー賞』授賞式が7日、都内で開催され、話題賞(俳優部門)を受賞したお笑いコンビ・オードリー若林正恭がステージに登壇した。若林は「かつてない場違い感」と緊張気味で、司会の西田敏行から「これからも俳優活動をするの?」と聞かれると、「台本を読んで決めたいと思います」と上から目線で答えて、会場を笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 若林は初出演した映画『ひまわりと子犬の7日間』で同賞を受賞。ニッポン放送『オールナイトニッポン』を通して一般リスナーの個人投票で選ばれる唯一の賞とあって、自身がパーソナリティーを務める番組内から投票を呼びかけていたが、念願かなって受賞した。

 作品部門に福山雅治主演のテレビドラマ「ガリレオ」シリーズの劇場版第2弾『真夏の方程式』が受賞。壇上で隣に並んだ若林に福山が「僕のラジオの後にオードリーさんがやられているので、聴いて帰っています。実はそういう繋がりがある」と声をかけるも、人見知りで知られる若林は「あ、そうですか」と頭を下げるのみ。慣れない場に表情を固まらせたままステージを後にした。

 プレゼンターは、昨年同賞に輝いたAKB48の大島優子が担当した。

関連写真

  • 『第37回日本アカデミー賞』話題賞を受賞したオードリー・若林正恭 (C)ORICON NewS inc.
  • 福山雅治(左)に人見知り全開のオードリー若林 (C)ORICON NewS inc.
  • 人見知り全開のオードリー・若林正恭(左)とプレゼンターとして登場した大島優子(中央)=『第37回日本アカデミー賞』授賞式 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索