• ホーム
  • 芸能
  • 美奈子“ビッグマミィ”の愛称に負けず「ビッグに!」

美奈子“ビッグマミィ”の愛称に負けず「ビッグに!」

 今月4日にDVD『ビッグマミィ 〜美奈子ファミリーの休日』をリリースする、タレントの美奈子(30)がこのほど、ORICON STYLEの取材に応じた。昨年4月、林下清志さんとの離婚後は、7月にタレントへと転身し、テレビに引っ張りだこの美奈子。同年11月には自伝『ハダカの美奈子』を基にした映画が公開され、同作で女優デビューを果たすなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。そんな彼女に、昨年一年を振り返ってもらうとともに今後について聞いてみた。

――昨年一年を振り返ってどうでしたか?

美奈子 嵐のように過ぎ去った一年でした。正直、あまり記憶がないんですけど(笑)。芸能界には、ついて行くのがやっとだったので、来年からはもうちょっと考えて行動して、ついていくだけじゃなくて、ちゃんとやりこなす。ちゃんとやる!ということを目標に頑張っていきたいですね。

――タレント活動も半年過ぎましたが、芸能界の印象は?

美奈子 いろいろとプロでやっていらっしゃる方たちばかりで、すごいなと思いました。“フワフワ”っと、しかも“ポッ”と出てきた私が失礼にあたるんじゃないかと…。だからこそ、ちゃんとしなきゃ!と思いました。コメントとかもうまくできなかったりとかじゃダメなんで。私も同じところに立たせてもらってる以上はちゃんとしなきゃなと思いました。

――「ちゃんとしなきゃ」とは具体的に?

美奈子 いろいろと勉強していきたい。中学卒業ですぐに子育てして、世間知らずということもあり、言葉もわからないことがたくさんあります。(世の中に)発信させてもらうという立場で正直、恥ずかしいなと思うところもあるので…。そこは勉強しなくちゃなと思います。どこかのスクールに通うとかではなく、子育てをいっぱいしている人たちとの交流の中で、色んな活動をしながら経験して勉強したいですね。そうすることで、自分の成長にもなるので。

――“ビッグマミィ”の愛称が世の中にだいぶ浸透しましたね。

美奈子 正直、恥ずかしいですね(笑)私はビッグでもないし、見た目も小柄だし、気持ち的にも大きくないので恥ずかしい。もっとビッグになっていかなきゃならないし、名前に負けないように! そこは今後の目標ですね!

――昨年は映画で女優デビューを果たしましたが、今後は?

美奈子 女優さんって本当にすごいことなんだなと思うと同時に大変なことだったんだなって。自分じゃない違う人物を演じるって難しいんだなぁと。やってみたいとは思ったんですけど、でもやっぱり素人なので…。(仕事の)お話をいただいたら頑張りますが、難しいですね。女優業に転身とかはないですね(笑)今後は子育てについて、自分の今の家庭のためにもなるような、そちらの方にどんどんいきたいなと思います。色々勉強して(コメンテーター)もできたらいいなと思います。今の私じゃまだまだ無理ですけどね。もっともっと物事をしっかり伝えるためにも今年はもっと勉強していきたいと思います。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス