アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 岩佐真悠子、フルヌード披露も不安「反響が怖い」

岩佐真悠子、フルヌード披露も不安「反響が怖い」

 女優の岩佐真悠子が7日、都内で行われた主演映画『受難』初日舞台あいさつに登壇。同作で局部に人面瘡ができてしまう女性を演じ、フルヌードで疾走したりシャワーを浴びたり、体当たりの演技に挑んだ岩佐だが、初日を迎えられた喜びを感じつつも、観客を前にして「反響が怖かったりする。いろんなドキドキとワクワクがいっぱい。温かい目で観てください」と恐縮しながら呼びかけた。

【写真】その他の写真を見る


 直木賞最終候補作になった姫野カオルコの同名小説を映像化。奇想天外な設定に加え、岩佐が股間を覗き込み、人面瘡にきゅうりを食べさせる過激シーンもある。岩佐は、「複雑な気持ちでしたが、餌付けだと思ってやっていました」と同シーンを振り返り、もし自分に人面瘡ができたら「こんなにショッキングなことはない。なんとか追いだそうとします」と語った。

 俳優の古舘寛治は、岩佐との共演を「キャラクターがオープンで、ずっとイジられていた。僕より相当お若いですが、姉御(あねご)みたい。手の上で転がされていた」と振り返ると、岩佐は「いやいや、尊敬していますよ。大先輩ですから」と微笑み返し。すると古舘は「その言い方がもう、ちょっと小馬鹿入っている」と指摘し、笑わせた。

 舞台あいさつにはそのほか、淵上泰史、伊藤久美子吉田良子監督が出席した。



関連写真

  • 映画『受難』初日舞台あいさつに出席した岩佐真悠子 (C)ORICON NewS inc.
  • 古舘寛治 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『受難』初日舞台あいさつの模様(左から)吉田良子監督、古舘寛治、岩佐真悠子、淵上泰史、伊藤久美子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『受難』初日舞台あいさつに出席した淵上泰史 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『受難』初日舞台あいさつに出席した伊藤久美子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『受難』初日舞台あいさつに出席した吉田良子監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス