アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • スポーツ
  • SMAP・香取慎吾の推しメンは「横綱・白鵬」 フジ年末特番で腕相撲バトル

SMAP・香取慎吾の推しメンは「横綱・白鵬」 フジ年末特番で腕相撲バトル

 フジテレビでは年末の12月30日、『ジャイアントキリング スポーツマン腕相撲世界一決定トーナメントSP』(後6:30〜11:24)を5時間半にわたって生放送する。同局で28日、制作発表会が行われ、MCを務めるSMAP香取慎吾、番組進行を担当する加藤綾子、山崎夕貴両アナウンサーが出席。香取は「年末に5時間半も腕相撲だけで大丈夫なの!?」と不安がっていたが、出場者のラインナップを見て「これなら5時間半イケる」と太鼓判を押した。

 小さきものが巨人を倒す「番狂わせ」を意味する「ジャイアントキリング」。同局では過去2回(2012年7月1日、同12月30日)、金メダリスト、横綱をはじめ、各スポーツジャンルを背負うチャンピオンたちを集め、異種混合で大食い対決、綱引きなど数々の対決で名勝負を繰り広げる番組を放送。今回は、腕相撲バトルに特化し、世界3大大陸予選も含めたベスト32のアスリートたちがワンデートーナメント形式で優勝賞金100万円を目指す。

 きょうは、エメリアエンコ・ヒョードル(ロシアの総合格闘家)VS白鵬(現役大相撲力士、第69代横綱)、清原和博(元プロ野球選手)VS桜庭和志(総合格闘家)※リベンジマッチ、山本KID徳郁(総合格闘家)VS亀田家代表(ボクシングの亀田三兄弟による予選の勝者)、朝青龍(元大相撲力士、第68代横綱)VS高山善廣(プロレスラー)、パルシュ(ロンドン五輪男子ハンマー投金メダリスト)VS遠藤(現役大相撲力士、史上最速入幕記録保持者)の5つの対戦カード(1回戦)が発表された。香取の優勝予想は「横綱は最強! 白鵬関」で、「1回戦から出し惜しみしないカード」に期待を寄せた。

 ほかに、ボブ・サップ(アメリカの総合格闘家)、把瑠都(元大相撲力士)、アリスター・オーフレイム(オランダの総合格闘家)、フランシスコ・フィリオ(ブラジルの空手家)、マーク・ハント(ニュージランド出身の総合格闘家)、豪栄道(現役大相撲力士)、ジェロム・レ・バンナ(フランスのキックボクサー)、ピーター・アーツ(オランダのキックボクサー)、旭天鵬(現役大相撲力士)、チェ・ホンマン(韓国の総合格闘家)、碧山(現役大相撲力士)、マイティー・モー(米領サモア出身の総合格闘家)、大砂嵐(現役大相撲力士)、宮崎大輔(ハンドボール選手)、山本隆弘(バレボール選手)、山崎武司(元プロ野球選手)、篠原信一(シドニー五輪100kg超級銀メダリスト)、世界3大大陸予選(アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ)の優勝者、ラグビー・オールブラックス(ニュージランド代表)などが出場予定。今後、1回戦の対戦カードなどは、決まり次第ホームページ等で発表される。

 会見には、桜庭、山本KID徳郁、亀田興毅、山本隆弘の各選手も出席。桜庭は「今年の俺はメチャクチャ強え〜ぞ〜」と吠え、山本KIDは「出たとこ勝負で頑張ります」、亀田は「三兄弟の誰が出てもそれなりに戦えると思うので、ジャイアントキリングで旋風を巻き起こしたい」、山本隆弘は「腕相撲に有利と言われる2mの身長と腕のリーチを生かして戦いたい」とそれぞれ意気込みを語っていた。



関連写真

  • フジ年末特番『ジャイアントキリング スポーツマン腕相撲世界一決定トーナメントSP』1回戦で激突する山本KID徳郁(左)と亀田家代表の亀田興毅 (C)ORICON NewS inc.
  • バレーボールの山本隆弘選手の出場も決定 (C)ORICON NewS inc.
  • 桜庭和志選手(右)と“番長”清原和博氏のリベンジマッチが決定 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス