アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 来秋の朝ドラは初の外国人ヒロイン 『あまちゃん』以来のオーディション実施へ

来秋の朝ドラは初の外国人ヒロイン 『あまちゃん』以来のオーディション実施へ

 NHKは18日、来年秋からの朝の連続テレビ小説の概要を発表した。タイトルは『マッサン』。札幌オリンピックの“日の丸飛行隊”を支援し、北海道余市の名誉町民となり、日本のウイスキー誕生を支えた竹鶴政孝とその妻リタがモデルとなる“夫婦の奮闘記”で、 朝ドラ初の外国人ヒロインを通して、あきらめない“美しい日本人の心”を描き出す。

 今年4月より放送された『あまちゃん』で能年玲奈を発掘したヒロインオーディションを来年1月より行い、2〜3月に決定する予定。脚本は、映画『パッチギ!』で日本アカデミー賞優秀脚本賞、『フラガール』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した脚本家・羽原大介氏が担当する。

 実在の人物をモデルとしながらも、“夢に生きる不器用な日本男児”と“大阪弁を話す気品溢れる英国人妻”というデコボコ夫婦が織りなす、笑って、泣ける “夫婦の人情喜劇”として大胆に再構成。登場人物や団体名は改称し、羽原氏作のオリジナル脚本によるフィクションとして制作される。タイトルの「マッサン」は、英国人の妻が、難しい日本語と格闘する中、いつしか夫を大阪弁の響きで「マッサン」と呼んだことにちなんだ。

 時は大正時代。日本一華やかな“大大阪”で青春時代を過ごしていた“造り酒屋の跡取り”は、ウイスキーに目覚め、本場スコットランドへ単身渡り、現地で出会った女性と恋に落ち、駆け落ち同然で国際結婚。日本初のウイスキーづくりを夢に描き二人が帰国したとき、第一次世界大戦は終結し戦争景気は去り、閉塞感漂う“大不況の時代”を迎えていた…。

 さらに、昭和になって、二人は北海道へと渡り“ウイスキーづくり”に挑むも、失敗の連続で事業が頓挫する中、太平洋戦争に突入。故郷が敵国となりスパイ容疑をかけられても、“日本人として”生き、夫を支え、従業員を愛した英国人妻。妻を守り抜いた夫。厳しい時代を生き抜いた夫婦を通して、「日本人の底力」を豊かに描き出す。

 脚本を担当する羽原氏は「『国際結婚』と『国産ウイスキー』、時代を間違え、少し早く生まれ過ぎてしまった感のある二人は、共に一途で不器用。純粋さ故に時にぶつかり合い、慰め励まし合いながら、少しずつ本物の夫婦になっていきます。二人の設定はどこか『つか作品』の登場人物に通じるものがあるかもしれません。そんな夫婦の七転八倒ぶりを、記録と取材に基づいたエピソードを重ねつつ、大胆なフィクションも交え、笑って泣けるエンターテインメントを目指して紡いでいきたいと思っています」と話している。



オリコントピックス