ドラマ&映画 カテゴリ

松田龍平、CM演技賞受賞 デ・ニーロ共演は「役者冥利に尽きる」

 俳優の松田龍平がCMコンクール『2013 53rd ACC CM FESTIVAL』で演技賞を受賞し10月31日、都内で行われた贈賞式に出席した。松田は、エイベックス・エンタテインメントのテレビCM『dビデオ「BAR篇」』で、米俳優のロバート・デ・ニーロと共演しており「日本語と英語で会話ができるのは、役者冥利に尽きる。なかなかできない経験で楽しかった」と感慨深げに語り、受賞を喜んだ。

 ニューヨークでCM撮影に臨んだ松田は「撮影が始まる前は、英語と日本語で芝居が成立するのがすごく不安があった」と吐露。それでも、「実際にロバート・デ・ニーロさんと芝居をしてみて、言葉が違えど、口調だったり表情だったり、そういうところで感情を読み取れる。貴重な経験をさせていただきました」と笑みを浮かべ振り返った。

 デ・ニーロの印象を問われると「とても気さくですてきなかた。撮影が始まる前に現場に入る姿をちらっと見たけど、あまりにも普通の格好だった。パッと見じゃわからないような自然な格好をしていて、びっくりした」と大物俳優の普段の姿に驚いていた。

 ナイキジャパンのテレビCM『ナイキベースボール「宣誓」』に出演し、同賞を受賞した俳優の大内田悠平は、CM同様に高校球児の衣装で登場。「滑舌が悪すぎて、冬の撮影で全然舌が回らなかった…」と当時の苦労を明かす一方で、「すてきな俳優になれるよう日々精進してまいります」とさらなる活躍を誓った。

 日本最大級の同CMコンクールは、よりよいCMの提供の実現に寄与し、国民生活の向上と放送文化の健全な発展に資することを目的に発足され、今回で53回目を迎えた。全応募数2097作品(テレビ1520作品、ラジオ545作品、マーケティング・エフェクティブネス32作品)のなかから、CMにおける功労者に対して各賞が贈られた。

 登壇者のほかには、ロバート・デ・ニーロ(エイベックス・エンタテインメント/dビデオ『BAR篇』ほか)、満島ひかり(大塚製薬/『カロリーメイト』シリーズ、トヨタ自動車/『TOYOTOWN』シリーズ)、古田新太(大和ハウス工業/企業広告シリーズ)、堺雅人(トヨタ自動車『TOYOTOWN』シリーズ)、吉高由里子(ユナイテッドアローズ/『恋するレーベル・やまとなでしこ篇』ほか)に演技賞が贈られた。

関連写真

  • ロバート・デ・ニーロとの共演秘話を明かした松田龍平 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)松田龍平、大内田悠平 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビCM『ナイキベースボール「宣誓」』出演時の高校球児の衣装で登場した大内田悠平 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索