• ホーム
  • 映画
  • 乃木坂・松村沙友理が“ワル”な告白 メンバーはドン引き

乃木坂・松村沙友理が“ワル”な告白 メンバーはドン引き

 アイドルグループ・乃木坂46橋本奈々未ら10人が30日、東京・新橋のヤクルトホールで行われた『劇場版BAD BOYS J -最後に守るもの-』(11月9日公開)の公開直前イベントに登場した。

 ジャニーズの次世代を担うSexy Zone、Kis-My-Ft2、A.B.C.-Zと乃木坂46の共演が話題の本作。広島を舞台に3つの不良チームが壮絶な戦いと熱い友情物語を繰り広げる一方で、チームの恋人役やレディース役を乃木坂46のメンバーがフレッシュに熱演する。

 ハロウィン直前とあり、ヒロイン役の橋本をはじめ、白石麻衣生駒里奈松村沙友理、能篠愛未、若月佑美桜井玲香伊藤寧々伊藤万理華秋元真夏が、役をイメージした“BAD GIRLS”風の衣装で登場。本作のタイトルにちなみ「最近やってしまった“BAD”なこと」という質問に、松村が「乃木坂46の写真集に載っているメンバーがかわいくて、毎日みんなの写真にチューしてる」と告白し、メンバーは悲鳴をあげてドン引きしていた。

 出演者以外のメンバーも登場し、挿入歌「世界で一番 孤独な Lover」を披露すると、会場はライブさながらの盛り上がり。橋本は「この映画は乃木坂46の銀幕デビューとなる作品です。公開が近づいているのを実感していますし、本当に楽しみです」と心待ちにしていた。



関連写真

  • “BAD GIRLS”風衣装で登場した乃木坂46(前列右から2人目が松村沙友理)
  • 映画挿入歌「世界で一番 孤独な Lover」を披露
  • 『劇場版BAD BOYS J -最後に守るもの-』(11月9日公開)の公開直前イベントに“BAD GIRLS”風衣装で登場した乃木坂46

オリコントピックス