• ホーム
  • 映画
  • 木梨憲武、レギュラー番組1本に自虐「暇はある」

木梨憲武、レギュラー番組1本に自虐「暇はある」

 とんねるず木梨憲武(51)が28日、都内で行われた映画『ウォーキング with ダイナソー』(12月20日公開)の製作記者会見に出席した。2003年公開の『ファインディング・ニモ』以来、10年ぶりの声優業となった木梨は「今は『(とんねるずの)みなさんのおかげでした』1本でやっているので、暇はあります」と、自虐的に語って仕事をねだり、場内の笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、一頭のパキリノサウルスの成長を追いながら、多くの謎に包まれた地球最大の生きもの、恐竜たちが生きた太古の地球を旅する壮大な“いのちの物語”。

 会見では、ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』で使用された3D技術を駆使し、恐竜の子育てや大移動など、これまでにない新たな“恐竜の世界”を再現した映像も上映。まだアフレコ収録をしていないという木梨は、大迫力の映像を目の当たりにすると「これ、俺いらねぇな」と早くも弱気発言。それでも、「子どもは基本、僕にドン引きしているので、早く『俺がやったんだぞ』って言いたい」と意気込んでいた。

 会見には、ダイナソーこども大使として映画を応援する子役・鈴木福、日本語版監修を務めた国立科学博物館・研究主幹の真鍋真氏、製作のBBC ワールドワイド ジャパン株式会社代表取締役社長の宗方謙氏、20世紀FOX映画日本代表のジェシー・リー氏が出席した。

【無料エンタメ動画】旬なタレントや最新トレンドが満載



関連写真

  • 自虐発言で仕事をねだった木梨憲武 (C)ORICON NewS inc.
  • 愛くるしい着ぐるみ姿の鈴木福 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)木梨憲武、鈴木福 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス