• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • SMAP、14年ぶり5人そろってドラマ出演 9・30生放送

SMAP、14年ぶり5人そろってドラマ出演 9・30生放送

 人気グループSMAPが30日放送の特別番組『SMAP GO!GO!』(後7:00〜11:24)の中で、5人そろって“生放送ドラマ”に初挑戦することが26日、わかった。5人でドラマに出演するのは、1999年1月3日放送の『古畑任三郎 VS SMAP』以来14年ぶり。ドラマは、古畑任三郎に完全犯罪を見破られ、コンサート開始直前に連行された後の物語を、三谷幸喜が新たに脚本を書き下ろし、演出も担当する。

 平均視聴率32.3%、瞬間38.0%を獲得した『古畑任三郎 VS SMAP』(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)は、SMAPが本人役で登場。リーダーとして責任感が強い中居正広、熱い男木村拓哉、ダンスが少し苦手な稲垣吾郎、前にあまり出ようとしない草g剛、末っ子キャラクターの香取慎吾、メンバーそれぞれのイメージに寄せたキャラクターをドラマの中で動かした。

 コンサートの幕が開くとそこにはマネージャーの前田(戸田恵子)が頭を下げて1人、立っているという衝撃的なラストから14年。受刑者となった彼らは、今回のドラマで脱獄を試みるようだ。

 三谷は「久々にSMAP全員参加のホンを書かせてもらいました。考えてみたら、こんなに芝居が上手くて、おまけに華のある役者がそろった劇団は、他にはないです。座付作家冥利に尽きます」とコメント。三谷らしいユーモアと、巧妙なトリックがいかに展開されるか、楽しみだ。

 『SMAP GO!GO!』は、SMAPの過去、現在、未来をテーマに、4時間半たっぷりと彼らの魅力を楽しめるスペシャル番組。生放送ドラマは、過去を未来につなげる、現在を視聴者と共有する、新しい試みだ。中居は「フジテレビとSMAPの歩み、歴史を全編にわたって敷き詰めている4時間半になっていると思います。歌あり、ドラマありバラエティあり。フジテレビとSMAPの親密な関係をぜひともじっくりお楽しみください」とメッセージを寄せている。

関連写真

  • 9月30日放送の特番『SMAP GO!GO!』でSMAPが『古畑任三郎 VS SMAP』の続編を生放送(C)タツノコプロ
  • 脚本・演出を担当する三谷幸喜

オリコントピックス