アニメ&ゲーム カテゴリ

女優・朝倉あき、地井さん遺作共演に感無量「ご一緒できてよかった」

 スタジオジブリの高畑勲監督最新作『かぐや姫の物語』(11月23日公開)の中間報告会見が17日、都内で開かれた。ヒロイン・かぐや姫の声を女優の朝倉あき、かぐや姫の育ての父・翁を昨年6月に亡くなった地井武男さんが演じたことが明らかになった。地井さんにとって同作が遺作映画で、共演した朝倉は「一瞬でもご一緒できてよかった」と感無量の様子だった。

【写真】その他の写真を見る


 今作は、先に声を収録しそれに合わせて絵を作っていく「プレスコ(プレスコアリング)」という手法で制作されており、収録自体は2011年夏に行っていた。朝倉は地井さんについて「とにかく暖かい人でした。全部包み込んで受け止めてくれて、こっちの気持ちを緩めてくれるような方でした」と回顧。

 演技面でも「翁(地井さん)に泣いてすがられるところがあるんですけど、私も心を全部剥き出しにされてしまって、本読みの段階で泣き崩れてしまうほど、地井さんの演技にかける意気込みと熱さを肌で感じた」といい、「最後の力を出し切ろうとされている姿勢を見てて、涙してしまうくらいでした」と感慨深げに語った。

 人気のジブリ作品で大役を担う朝倉は「幼い頃から家族で慣れ親しんでいて、大勢の方が見ているジブリに出させてもらうことに最初は、ものすごく緊張して、うれしくて、とても幸せだなと思った」と喜び、「こういう年でこういう作品に出会えるということもめったにないことで、自分の全てを出し切ろうという気合いのほうがある」と意気込んだ。

 同作は、日本最古の物語文学で誰もが知っている『竹取物語』をモチーフに、ひとりの少女・かぐや姫の犯した罪と罰を描く物語。この日の中間報告会には、鈴木敏夫と西村義明プロデューサーも出席した。

関連写真

  • ヒロインの朝倉あき (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)西村義明プロデューサー、朝倉あき、鈴木敏夫プロデューサー (C)ORICON NewS inc.
  • 高畑勲作品の最新作『かぐや姫の物語』中間報告会見し出席した(左から)朝倉あき、鈴木敏夫プロデューサー (C)ORICON NewS inc.
  • 高畑勲作品の最新作『かぐや姫の物語』中間報告会見し出席した西村義明プロデューサー

オリコントピックス

 を検索