ドラマ&映画 カテゴリ

玉置浩二が8年ぶり連ドラ出演 主演・亀梨和也と親子役熱演

 歌手の玉置浩二が、10月スタートの亀梨和也主演ドラマ『東京バンドワゴン〜下町大家族物語』(毎週土曜 後9:00)で8年ぶりに連続ドラマに出演することが28日、わかった。主人公・青(亀梨)とケンカが絶えない破天荒な父親・我南人(がなと)を演じる。玉置は「亀梨くんとはちゃんと勝負して、愛にあふれる作品にして、最後には一緒に大声で泣けたらいいなと思ってます」と役者魂を奮い立たせている。

 小説家・小路幸也氏の『東京バンドワゴン』(集英社)シリーズを原作にした同作。巻き起きる不思議な事件を、古本屋とカフェを経営する少々風変わりな4世代の大家族がちょっと変わった家訓に従って解決していく。

 玉置演じる我南人は、いつもふらふらし、神出鬼没。実は伝説のロッカーで、言動はかなりエキセントリックだが、心は愛にあふれており「LOVEだねぇ」が口癖だ。ドラマ関係者が「実写化するなら玉置さんしかありえない」と熱烈オファーし、今回出演が実現した。

 主演の亀梨と玉置は、共にミュージシャンで、学生時代は野球のエースで4番だったりと共通点は多い。そんな二人がどんな化学反応を起こすのかは見ものだ。

 連ドラ出演は『あいのうた』(2005年放送 日本テレビ系)以来となる玉置は「我南人は自分そのもの」といい「自分は永遠の子供みたいなところがあって、それを逃げ道にしていたところがあるんだけど、逃げてばかりいても楽しくないし、しっかりと生きている足跡を残して行く。このドラマはまさにその第一歩」と気合十分。エンディングテーマを玉置が担当することも決定し、情感あふれるバラード「サーチライト」(11月27日発売予定)が起用される。

 また、青が一途に恋をするヒロイン・槙野すずみ役は女優・多部未華子に決定。同局の土曜ドラマ『妖怪人間ベム』(2011年10月期)と『デカワンコ』(2011年1月期)でそれぞれ主演した亀梨と多部が強力タッグを組み、どんな恋物語を繰り広げていくのかも気になるところだ。

 多部は「一風変わった家族構成や人情溢れる下町の空気感…大家族の中でどんなドラマが巻き起こるのか、観ていただく方に温かい気持ちになってもらえるような作品になればうれしいなと思います」と意気込んでいる。

 そのほか、我南人の父で頑固一徹のおじいちゃん・堀田勘一役を平泉成、物語の語り手も担う幽霊お婆ちゃん・サチ役を加賀まりこ、青の姉でシングルマザーの画家・藍子役をミムラ、青の兄でひきこもりフリーライター・紺役を金子ノブアキ、紺の嫁で元キャビンアテンダントを平愛梨がそれぞれ演じる。

関連写真

  • 8年ぶりの連ドラ出演が明らかになった玉置浩二 (C)日テレ
  • 『東京バンドワゴン〜下町大家族物語』に出演する多部未華子 (C)日テレ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索