アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 森三中・大島美幸、笑顔で『24時間テレビ』チャリティーマラソン完走

森三中・大島美幸、笑顔で『24時間テレビ』チャリティーマラソン完走

 毎年恒例『24時間テレビ36 愛は地球を救う』(24〜25日放送、日本テレビ系)のチャリティーマラソンに挑戦したお笑いトリオ・森三中大島美幸が25日午後9時20分過ぎ、東京・日本武道館に到着し、88キロ24時間マラソンを無事完走した。放送時間内(後8:54)には間に合わなかった。「ちょっと遅れてしまってすみませんでした。待ってていただいて、ありがとうございます」と笑顔を見せた。

【写真】その他の写真を見る


 大島は24日午後7時過ぎ、神奈川県内をスタート。スターターは、ダチョウ倶楽部の上島竜兵、出川哲朗務めた。5月にオファーを受けた当初、88.4キロあった体重をダイエットとトレーニングで16.7キロも落とし、71.7キロのコンディションで覚悟を持って走り始めた。

 25日未明にはにわか雨でびしょ濡れになり、左膝などの痛みを訴えながらも歩みを止めなかった大島。武道館の入り口では森三中の村上知子黒沢かずこら芸人仲間が出迎え、ステージではメインパーソナリティーのや上戸彩ら出演者、観客が総立ちの「大島」コールでゴールテープを切る瞬間を見届けた。

 番組内では、昨年の結婚10周年の節目に、夫で放送作家の鈴木おさむ氏が大島に向けて作ったVTRが放映され、2007年暮れに妊娠検査薬で陽性が出たものの、その時は子宝に恵まれなかった事実が明かされた。この出来事が「今回、マラソンに挑んだ理由の一つだったのでは」と思いを寄せる鈴木氏は「5ヶ月前は100メートル歩くだけで息上がってたんだから。奇跡だな。相当しんどうそう」と気遣いながらも、「芸人・大島として泣きながらゴールしても笑ってやってほしい」とエールを送っていた。

関連写真

  • 88キロ24時間マラソンを完走した森三中・大島美幸(日本武道館にて) (C)ORICON NewS inc.
  • 日本武道館に到着した時の大島美幸 (C)ORICON NewS inc.
  • 88キロ24時間マラソンを完走した森三中・大島美幸(日本武道館にて) (C)ORICON NewS inc.
  • 88キロ24時間マラソンを完走した森三中・大島美幸(日本武道館にて) (C)ORICON NewS inc.
  • 88キロ24時間マラソンを完走した森三中・大島美幸(日本武道館にて) (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス