ドラマ&映画 カテゴリ

『みんな!エスパーだよ!』まさかのギャラクシー月間賞だよ!

 放送批評懇談会による『ギャラクシー賞2013年7月度月間賞』が20日に発表され、テレビ東京の『ドラマ24 みんな!エスパーだよ!』(4月12日〜7月5日、金曜 深0:12〜放送)が選出された。同局の番組としては、3月の『ドラマ24 第30弾特別企画 まほろ駅前番外地』に続く受賞となった。

 同ドラマは、『ヤングマガジン』(講談社)で掲載中の人気コミックの映像化作品で、超能力を題材とした異色のストーリーや、園子温監督らによる個性的で強力な演出、染谷将太夏帆真野恵里菜らキャストによるちょっとエッチな体当たりの演技が大きな話題を呼んだ。

 同局では、番組の阿部真士プロデューサーのコメントを発表。「まさか、まさかの大逆転(?)受賞です。ありがとうございます。ふと、誰かが超能力で審査員の方々に催眠をかけたのかと疑いました。染谷君の仕業か? もしやマキタスポーツさんか? いや、あの二人にはそんな超能力はなかったはずだ…では誰が…。ま、まさかパンチラ効果!? いやいや、超能力で受賞したわけではなく、やはり面白いと信じて作ったものは、確かに面白かったのだ! 園監督をはじめ、全スタッフ、全キャストに感謝・感謝です!」。

 ギャラクシー賞は、日本の放送文化の向上に貢献した番組・個人・団体を顕彰するもので、1963年に創設され、50年の歴史を誇る。委員会自身が自主的に番組を推奨し、テレビ部門では「年間賞」のほかに、毎月「月間賞」を選出している。

 『7月度月間賞』はほかに、『クローズアップ現代 激増する野生動物 福島の生態系に何が』(NHK/7月11日放送)、『戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか』(NHK・Eテレ/7月6日・13日・20日・27日放送)、個人賞として俳優の古田新太(NHK連続テレビ小説『あまちゃん』、WOWOW連続ドラマW『震える牛』の演技に対して)が受賞した。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索