• ホーム
  • 芸能
  • 17年ぶり復活TPD、早くも今秋にレギュラー番組 CDデビューにも意欲

17年ぶり復活TPD、早くも今秋にレギュラー番組 CDデビューにも意欲

 メンバーを一新し約17年ぶりに活動を再開した平均年齢15歳からなる10人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(TPD)が15日、東京・渋谷CBGKシブゲキ!!でデビュー公演『PLAY×LIVE「1×0」』を行った。

【写真】その他の写真を見る


 同公演では最新映像技術・プロジェクトマッピングと演技パフォーマンスを取り入れたステージのほか、歌やダンスを披露。5着の衣装早着替えにも挑戦し、新生TPDをアピールした。

 約1ヶ月の練習を経て、初ライブのステージに立った10人。同日、公開リハーサルを行ったリーダー・高嶋菜七は「頑張って練習した成果が出ればいいなと思い、頑張った」と振り返り、上西星来は「メンバー同士で教え合ったりした。団結力や愛も見てほしい」と呼びかけていた。

 デビュー公演では、初代から継承された楽曲「ダイヤモンドは傷つかない」「夢を」のほか、初のオリジナル楽曲となる「DREAMIN’」を熱唱。高嶋は「CDデビューにつながれば」と目標を語り、さらに「10月、テレビのレギュラーが始まるので楽しみにしていてください」と早くもレギュラー番組が決定したことを報告した。

 また、公開リハーサルでは、初代TPDリーダーの木原さとみが訪れ、メンバーを激励。復活したTPDを前に「びっくりした。(初代と)全然違いますね」と圧倒された様子で、「私たちが今までやってきたことが宝物になっている。TPDの名をもっと広げてください」と“妹たち”にエールを送っていた。

 同公演は、きょうから12月25日までにエピソード1〜5の連鎖公演を上演。それぞれが独立した物語でありながら、全て観劇することで全貌が明らかになる仕掛けを展開していく。



関連写真

  • 新生・東京パフォーマンスドールと初代リーダーの木原さとみ(右) (C)ORICON NewS inc.
  • デビュー公演『PLAY×LIVE「1×0」』を行った新生・東京パフォーマンスドール (C)ORICON NewS inc.
  • 『PLAY×LIVE「1×0」』公演の模様
  • 『PLAY×LIVE「1×0」』公演の模様
  • 『PLAY×LIVE「1×0」』公演の模様
  • 『PLAY×LIVE「1×0」』公演の模様
  • デビュー公演を行った新生・東京パフォーマンスドール

オリコントピックス