アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 芦田愛菜、行定勲監督と初タッグで映画初主演 毒づく関西人役で新境地

芦田愛菜、行定勲監督と初タッグで映画初主演 毒づく関西人役で新境地

 先日ハリウッドデビューを果たした人気子役の芦田愛菜(8)が、行定勲監督の最新作『円卓』(2014年公開予定)で、映画では初となる単独主演を飾ることが、25日わかった。

 同作は大阪を舞台とした、とある家族の物語。芦田演じる主人公は、この家族の中心人物、小学三年生の琴子(こっこ)。口が悪くて少し偏屈で大家族の温かい眼差しに包まれて暮らしていながらも、いつもどこか不満だらけ。8歳の少女が、家族と学校という半径数キロメートルの“全世界”の中で考え、悩み、成長をしていく姿を描く。

 映画初主演となる同作に芦田は「台本を読んだら、お話も面白いし、撮影が始まるのを楽しみにしていました。この夏に色んなことを経験して、少し大人になるこっこちゃんをうまく演じられればいいなぁ、と思います」と胸を弾ませる。

 また、劇中では「うるさい! ぼけ!」といった関西弁を披露する芦田自身も、兵庫県出身の関西人。「関西弁を忘れかけていたところもあったんですが、お母さんやお父さんに教えてもらったり、関西に住んでいるお祖父ちゃんやお祖母ちゃんに確認しながらせりふを練習しました」とニッコリ。「今では、撮影がない時でも関西弁なので、ずっとこっこちゃんの気持ちでいられて楽しいです」と声を弾ませた。

 『世界の中心で、愛をさけぶ』『パレード』などで知られる日本を代表するヒットメーカー、行定監督と初タッグを組む芦田は「(監督は)最初はちょっと怖かったです」と笑顔で明かしつつも「お芝居のことをいろいろ教えてくださるので、監督と一緒にいられる間にお芝居のことを勉強したいです」と力を込めた。

 多くの出演作が標準語で、ピュアでキュートな役どころが多かった芦田。同作ではその愛らしい小さな顔で、毒づきまくる新たなる一面にも注目したい。



関連写真

  • (左から)行定勲監督、映画初主演の芦田愛菜 (C)2014『円卓』製作委員会
  • 映画『円卓』主演の芦田愛菜 (C)2014『円卓』製作委員会

オリコントピックス